画面 キャプチャ。 Snipping Tool を使ってスクリーン ショットをキャプチャする

「Win」+「Shift」+「S」を押すことで、選択範囲を指定してキャプチャできます マウスなどで一度ウィンドウをクリックすると、選択された状態になります
撮影された画像は「写真」のカメラロールに自動保存されます 画面キャプチャーする範囲は、デスクトップ全体、アクティブウィンドウ、ウィンドウからタイトルバーやメニューを除いたウィンドウ内の領域、矩形で範囲指定した領域など
6[切り取り&スケッチ]で編集や保存ができる [切り取り&スケッチ]の画面が表示され、撮影したスクリーンショットを編集できる画面になりました でもタブレットモードでもスクリーンショットを撮る方法があるのです
すぐにWindows PCのスクショを撮影&保存したい場合は、この方法を使うのがおすすめです キャプチャを撮ると、自動的にPNGファイルがつくられてデスクトップに保存されます
これは「Snipping Tool」の強化版アプリで、のダイアログに「切り取り&スケッチを使ってみる」と表示されているかと思います 以下は、Windows 10の設定画面をWindows標準のスクリーンショット機能で撮影した例です
全画面の切り取り 画面全体をキャプチャします 目的別にフォルダーを用意してある場合などは、直感的に操作できると思います
Webページの全体撮影も簡単です 画像の一部をぼかしたいときも、わざわざ画像編集ソフトを起動する必要もありません
左から四角形(初期状態で選択)、フリーフォーム(フリーハンドで範囲を選べる)、全画面、中止、です このような場合、 Fnキーを押しながら PrintScreenキーを押します
56
このような選択されているウィンドウ、操作の対象となっているウィンドウを アクティブウィンドウといいます。 [Alt]+[Print Screen]でアクティブ ウィンドウのスクリーンショットを撮る方法 Windows PCで現在選択されているウィンドウ(アクティブ ウィンドウ)のスクショだけを撮りたい場合には、キーボードの[Alt]キーを押しながら[Print Screen](プリントスクリーン)キーを押すと、アクティブ ウィンドウだけのイメージがクリップボードに保管されます。 自由形式の領域切り取りでは、ハサミのマークが出てきてマウスを動かして切り取った部分がキャプチャされます。 録画モードを選択してください。 ファイル形式は PNGやJPGなどを選ぶことができます。 そして、画面キャプチャ動画を撮影中に範囲指定を別の部分に切り替える際には、一度録画を止めてマウスで録画範囲を画面ドラッグすれば範囲指定を変えられます。
82 74