文 スト 中原 中 也。 文豪ストレイドッグスの中原中也くんの過去をわかる限りまとめたんですがあっ...

只是,不敢正视罢了。

本文为我原创 本文禁止转载或摘编• 閉め切った遮光カーテンからは陽の光が漏れて今が朝方だと脳が勝手に判断した。

汗と体液で汚れていた躯は何時の間にか綺麗になっていて、終わった後に処理をする程に余裕なのだと察した。

唇も同様に力が入り閉ざすと首筋に顔を埋めて何度も吸い付き乍ら中也は再び胸を弄り出す。

不,这是超越爱情了爱情的情感,或许,会相伴一生,不,应该是永远。

「一生、離さねぇからな」 独占欲と一癖も二癖も有る愛情を垣間見た。

夢主が病院嫌いで無理矢理、中原中也さんが連れていって注射をされる小説を書いて欲しいです。

84
自分の口から云わないと求めているものはくれない。 絡まる舌の感触が生々しい。 神色晦明,望着正紧张地注视着自己的中原中也,内心不断争斗着。 そう判断した私は素直に欲しい、と一言云えば返事の代わりに額に口付けを落とされる。 哒,哒,哒…… 不知过了多久,传来了清晰可闻的声音。 愛を確かめる手段だと語った時も今と同じ熱を孕んだ瞳で見ていた。 ・中原は人間ではなく、『荒覇吐』という神として言い伝えられている存在である。 中也が躯を重ねる理由は子孫繁栄の為の本能や唯、快楽を得る行為では無いと云っていた事を思い出す。 学校と云う選択肢は最早頭の中には無く、擦り合わせた太股の内側を撫で始める中也に溺れていく。 一阵狂风刮过太宰治的脸庞,吹的他栗色微卷的短发乱飘,情不自禁眨了眨眼睛。
38