惜別 の 歌。 惜別(せきべつ)の歌

だが、それは生き残った人間の虚しさであった。

私の住んでいるベトナムの会社で、日本人は2人だけ。

これはお前がもっていてくれ」 工場から中本の姿が消えて数日たった日、ぼくは昼休みに土手にのぼった。

幸いだったのは、ぼくの勤務していたのが新潮社だったことである。

粛然として、ぼくらは動員学徒の控え室に集まった。

35
「いいのか。 調子のはずれた変な歌唱ではあったが、一点に眼をこらす例の表情で、おもしろくもおかしくもないという顔でいつも歌っていた。 だから『惜別の歌』の1節、「悲しむなかれ、わが友よ」は、正確には「悲しむなかれ、わが姉よ」である。 そして、その回数が頻繁になった。 許せ、友よ。 それが今や風前の灯です。 無名の大学生の書いたメロディーが、多くの人に歌いつがれ、広まっていく過程が克明に書かれています。 朴歯に雪が食い込み、何度か雪中に腕をついた。
73
言葉にならぬその思いしかなかった 姉を勝手に友に置きかえて歌っていたのだ
Chelli (作詞:林柾次郎、作曲:鳥取春陽) (作詞・作曲:M. Boone) (作詞・作曲・唄:谷村新司) (作詞:佐藤惣之助、作曲:山田栄一、唄:東海林太郎、台詞:田中絹代) (作詞:F. これはお前がもっていてくれ」 工場から中本の姿が消えて数日たった日、ぼくは昼休みに土手にのぼった
昭和19年4月に予科に入学してから大学を卒業するまでの6年間、ぼくの心にアカデミズムはついに復活しなかった の原詩は、嫁に行く姉に妹が別れを告げる内容だが、「姉」を「友」に差し替えて作曲された
作曲者 藤江英輔さんと、その時代が産んだ歌であることの重さを心して歌いたいと思います レコードジャケットを見ると、ぼくが楽譜に書いた『惜別の歌』は『惜別の唄』となっており、歌詞の4番が削られて3番までとなっていた
山口村民か他の信州人か、どちらが『高楼(惜別の歌)』を歌ったのでしょうか 君に贈らん花もがな
信頼のできる人で「ううむ、これが信州人か、なるほど・・」と思うことが多く、つい二木先生の「信州人気質の解説」(『信濃山国』など)を思い出します たとえ我等を保つこと百年なりとも、亦一呼吸の間のみ今幸いに生まれて人たり
四球真空管のぼろラジオから流れてくる抑揚のない天皇の声はひどく聞き取りにくかったが、 「……耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び、もって万世のために太平を開かんと欲す」 という一言だけが、なぜかぼくの肺腑をつらぬいた 戦争は単に人的・物的被害をもたらすだけでなく、人間の内面生活までも破壊してしまうものだということです
61