おっしゃる 通り です。 「その通りです」は敬語ではない?類語とビジネスメールを学ぶ

使う頻度の高い敬語なだけに、正しく使うと相手にスマートな印象を持たれます。

」と返信します。

例えば、ビジネスメール内で「我が社の見解についてはご指摘の通りです。

その都度どのようなニュアンスで使用したいのかに注意して言い換えることが必要です。

」または、「ごもっともでございます。

敬語としては正しい表現ですが、短時間に同じ言葉を何度も使っていると、「よく考えずに回答しているのではないか」「相手に合わせているだけなのではないか」という印象を与える可能性も。

この場合、「そうです。

ビジネスメールのやりとりの例文 契約についてのビジネスメールのやりとり 「この度は新規でご契約いただきありがとうございます」 「ところで来月の受注は5000本とのことですが変更はありませんか?」 「はい、変更はございません」 「それでは本日中には発注書をいただくということでよろしいですか?」 「はい、おっしゃる通りです(ご認識の通りです)」 取引先とのメールのやりとりで「おっゃ通りです(ご認識の通りです」と敬意を表しているのが理解できます。

「~です」 お手すきの際にご覧いただけましたら幸いに存じます。

」などがあります。

20 40

ということは、「目上の人に対して使う言葉」と言えます。

注意したいことがあります。

「仰る」の読み方 「仰る」と書いて「おっしゃる」と読みます。

ほぼ立場や状況に関係なく使えるため言いやすいフレーズを選んで使い慣れていきましょう。

「進言」の正しい意味は、「目下の人から目上の人に対して意見を申し述べること」です。

感情を表す名詞には、「光栄」のほか、「幸甚(こうじん)」、「遺憾(いかん)」などがあります。

」などと返すことができます。

」と返信することができます。

3