ハンドボール 日本 リーグ。 日本ハンドボールリーグ

チーム 男子 [ ] 記録 チーム 成績 最多優勝 18回 連続優勝 6年連続 第23回 - 第28回 フェアプレー賞 10回 通算最多勝利 394勝 548試合 シーズン最多勝利 21勝 第27回・21試合 連続勝利 34試合 第25回 - 第28回 連続無敗 46試合45勝1分 第25回 - 第28回 シーズン内連続勝利 21試合 第27回 通算最多敗戦 204敗 226試合 シーズン内連続敗戦 HC東京 18敗 第27回 ホンダ熊本 18敗 第30回 連続無勝利 79試合 - 通算最多引き分け 42分け シーズン最多引き分け 5分け 最多連続引き分け 3試合 第16回 通算最多得点 14,982得点 565試合 シーズン最多得点 716得点 1試合最多得点 49得点 第31回・対ホンダ熊本戦 49得点 第33回・対戦 1試合最少得点 三菱レイヨン 7得点 第2回・対戦 1試合両チーム最多合計得点 対戦 77得点 44-33、第33回 1試合両チーム最少合計得点 対戦 22得点 11-11、第2回 対中村荷役戦 22得点 13-9、第22回 シーズン最高シュート率. デジタルで前進するスポーツ現場 続いてのトピックは「スポーツ分野におけるデジタルの進歩」。

それが、今のように注目されるようになったのは、きちんとビジネスを回していった結果なんです。

1989-90年シーズンから男子2部に日本電装と竹芝精巧が加入。

同シーズン限りで男子1部の中村荷役と日新製鋼、2部の三景、日鉄建材工業、ケー・エフ・シーが離脱し、2部の西地区1位の本田技研熊本と東地区1位のデンソーが1部へ自動昇格。

シーズン終了後に女子1部の8位・が2部へ降格し、2部1位の東京重機が1部へ昇格した。

まず1つ目は、業界全体の変革意欲を感じたから。

39 30