辛辣 意味。 「辛辣」の意味や使い方!「辛辣な言葉・意見」とは?【類義語・対義語】|語彙力.com

ものごとの見方や表現が非常に厳しく、 「如何なものかと思う」など遠まわしではなく、 「それは許されないよ」など、はっきりと言葉にした時の表現です。

次に「辛辣」の語源を確認しておきましょう。

「クレーム」が「人やサービスついて、誤りや欠点を指摘し、改善すべきと要求すること」だとすると、「辛辣」には「容赦をせずに厳しくする」というニュアンスが含まれています。

まとめ 「辛辣」は「しんらつ」と読み、「見解や意見が厳しく、容赦のない様子」「他人への手厳しい意見や指摘」という意味の言葉です。

辛烈と辛辣の違い 辛烈は辛辣の間違い 辛烈と辛辣の違いを分かりやすく言うと、 辛烈とは辛辣の間違った使われ方のこと、辛辣とは言葉や表現が非常に手厳しいことです。

この風刺漫画の辛辣さが話題になっている。

代表的なのは、ブルボンから発売されている辛烈チーズおかきやサンヨー食品から発売されている辛烈担々麺などがあります。

同じ「からい」という意味の漢字を重ねて、ひりひりする鋭い辛さを表現する言葉から、意見や指摘が非常に手厳しいことを表現するようになりました。

この悩み相談室の回答はいつも辛辣を極めている。

「辛辣」の使い方と例文 「辛辣な」「辛辣に」「辛辣さ」の形で使われます。

文章で 「辛辣」という言葉出てきた時には前後の内容で良い意味か悪い意味かを判断しましょう。 つまり、「辛辣な言葉・意見」は悪いものとは限りません。 「辛辣」な態度を他者にとる場合、そこに怒りや悪意があることはままありますが、なかには、 相手のためを思って、あえて手厳しいことを包み隠さずに告げているケースもあります。 漢字の成り立ちや読み方が似ているため、「辛辣」と混同してしまう人が多いようですが、間違った言葉なので使わないように気を付けてください。 辛烈の意味 辛烈とは 辛烈とは、 辛辣の間違った使われ方です。 具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。 遠回しな婉曲表現を使わずに、相手にとって耳の痛いことや、立腹するようなことであっても、そのままストレートに指摘することは、「辛辣な言い方」といえます。 「辛辣な言葉・意見」とはどんな言葉、意見のことなのでしょうか。
65

特に、相手の顔が直接見えないネット上では、辛辣な意見を言う人も多いため頻繁に目にする言葉でしょう。

「味が非常に辛いこと」の意味 「辛辣」の元々の意味がこちらに当たります。

「ずけずけと遠慮のない意見を言う」という意味の反対の言葉としては• 間違いやすい言葉についてまとめました。

上記の例文のように、 「辛辣」は「辛辣さ」「辛辣な」などの表現で使われることが多いです。

また辛辣(しんらつ)のように「辛(しん)」が用いられている言葉には、 「辛抱(しんぼう)・辛苦(しんく)・辛酸(しんさん)・辛勝(しんしょう)」などがあります。

「辛辣」を使った例文 「辛辣」を使った文例は次のとおりです。

「毒舌」 「毒舌」は、厳しいことや悪口をいうことであり、辛辣な言葉がこの中に含まれることもありますが、悪口や、口汚い言い方、言葉使いそのものを指す場合が多く、その人の性格や立場などは関係ありません。

59