ウェイブ 実話。 『WAVES/ウェイブス』キャラビジュアル公開 トレイ・エドワード・シュルツ監督初来日も決定|Real Sound|リアルサウンド 映画部

誰が指導者をするか表決をとることになり、ベンガーがすることになります 独裁制では、個人や団体が強大な権力で、法律を都合よく変えてしまいます
(後略・引用ここまで) 「教師のベンガーが、独裁制のリーダーとしての立場に、いつの間にか酔ってしまっている 私たちが より被害者目線で映画を見れることで、 事件への理解が深まり、またテロに対する許せない 気持ちが強まります
新たにこの授業に参加する生徒が増え、最初の30人から43人にクラスが拡張されていきました 社会学者の宮台真司は、先の大戦で敗れた日独伊の枢軸国側の特徴として帰属欲求があることを挙げている
思えばこのときが今に至る激動の21世紀を象徴していたのかもしれません ところが今の教科書はそんな生やさしいレベルではない「つくる会」がのさばっています
週末にはパーティーを開き、中にはドラッグをキメる子もいます 一家4人で毎日、朝から晩まで虫取りをしたが、1本の木からスーパーのビニール袋3杯分の虫がとれた
生徒たちは、運動の旗印を作り、運動員章をつくり、この運動はクラス外の人びとにまでものすごい勢いで広がっていった 1日目
急速な近代化のために共同体や自然が失われて疎外感を抱く者が量産され、寂しさを着地させる場所として、自らが一体化すべき国家=崇高なる共同体が見出される、と述べる(『天皇ごっこ』の解説) こんな短い時間でマインドコントロールができてしまうのです
達成感ではなく、「自分は偉大なものに属している」という帰属感を膨らませた *この記事はケール・ガスリー・ワイズマンの投稿を基にしている
89
のびのびと枝を伸ばし、そのすべての枝にみっしりと葉を茂らせて、思わず見惚れてしまうほど、美しい木だった。 結局、この歴史教師は、メンバー全員を講堂に集め、テレビ画面を用意し、もう一度、ヒトラーの映画を見せ、自分たちのやっていることがナチスと同じであったことを示し、だれでもが第二のナチになって歴史が繰り返される危険性のあることを説明した。 2日目 [ ] ジョーンズは、ヒトラーに似た敬礼をおこなうことをクラスの生徒に指示した。 こんな山奥で、誰も農薬などかけていないはずだ。 そして、ラジオやテレビ、雑誌で散々煽られた挙句、ようやく1983年5月がやってきた。 ファシズムとマインドコントロールについて、アメリカでの実話と、それに基づいた作られたドイツの映画をご紹介します。 そのことが本作が担っている役割であり、 被害者、犠牲者に対する私たちができること であると思います。 また、この実話を元にした小説も出版されています(モートン・ルー著『ザ・ウェーブ』) 私も先日レンタルして鑑賞しましたが興味深かったです。
47