パラサイト ラスト。 パラサイト|最後は家を買った?ラストシーンの意味とその後続編【半地下の家族】|MoviesLABO

ギテクの半地下の家族よりもっと下にいるのが、パク家の地下に住むムングァンの夫のような 地下生活者。
そうでなければ生きていけない。 逆に上流階級の家族が地下に一気に落ちることはないのです。 家族の期待を一身に背負って豪邸に住むIT企業のパク・ドンイク社長(イ・ソンギュン)の家へ家庭教師の面接に行くギウ。 そんなメッセージを監督は伝えたかったのかもしれない(そうじゃないかもしれない)。 「格差」はついに埋まらない 『パラサイト』のテーマを挙げるとすれば、「格差社会」となるだろう。 その後、富裕層のパク家にギウが家庭教師として働くのを境にパク家へのパラサイトを開始。 次は吹き替えで見る。 映画冒頭、ギウは親友のミニョクから水石をもらいます。 ミュージカル映画も大好き。

2em;color: dda146;background: 700;padding:. 地下の住人が、最後に復讐を果たすことを夢見て事切れたパターン。

パク家に寄生していたキム家ですが、このときは パク家と同じ位置まで到達していると錯覚しています。

彼らが衝突した時にもたらされる結果はどのようなものであっただろうか。

こうした本編のメタファーを踏まえるとギウが立てた父親救出計画も破綻すると考察できます。

この隠し扉と地下室については、パク家も知らないものだったようで、前の住人が北朝鮮のミサイルに備えた避難所としてや借金取りから隠れるための避難所として作ったものではないかと言われています。

com eigacom 豪邸を買い取り父親を解放する夢 ギウが父親に書いた手紙の内容は、これからの自分の計画です。

35