王 に なっ た 男 キャスト。 韓国ドラマ『王になった男(原題)』あらすじ/キャスト

しかし、幼い異母弟まで手にかけた罪悪感に苛まれ、常に暗殺の恐怖に怯え、次第に心を病んでいく。 イ・ビョンホン主演(二役)。 しかしその後、 罪悪感に苛まれて精神錯乱し狂気をまとい暴君と化していきます。 スポンサーリンク 王になった男【韓国映画】みどころ 何といってもイ・ビョンホンさんの見事な一人二役っぷりでしょう! 王とハソンは、見た目は同じでも中身は正反対というのが面白く、ハソンからはこれまでの王にはなかった熱い想いや優しさが感じられてきます。 歴史上の人物だと最後にどうなるのかを知っているという意味で。 しかし、王位継承問題は混乱し、光海君の側近たちは結果的に彼の兄と異母弟を殺害してしまう。 王座にあがってから次第に常軌を逸していくイ・ホンを憂慮し誠意を尽くすが、父親が濡れ衣を着せられてしまう。 王の役名が光海君ではなく「イ・ホン」になっているんですが、光海君の本名(王名ではなく人としての本名)もイ・ホンなんですよね。 光海君は、宣祖(ソンジョ)の次男として1575年に生まれた。
81
幼い頃に両親を亡くし妹ダルレと共に、全国を回る旅芸人のガプス引き取られて育つ。 父王の崩御で即位するが、地位を固めるため弟をも殺害し粛清を強化。 以降、(04)、「弁護士~あなたに捧げる罪~」(05)、(13)、(18)など多くのドラマに出演する傍ら、貧しい子供たちを救う慈善活動も行う。 また「トンイ」でトンイ役を務めたハン・ヒョジュが光海君の王妃役を演じたことも話題となりました。 この他にもソン・シギョン、オ・ヨンジュン、アン・イェウンなどのアーティストが参加しています。 「立場変われば人変わる」とはよく言ったもので、これまで道化師として生きてきたハソンが、見た目がそっくりということで王の座に着き、それにより何かを変えようという気持ちになったという物語が本作。 誕生と同時に母を亡くし、父王からは疎まれて育った。 初めは王の影武者役に考えていたが、ハソンの中に王にはないものを見出していく。 映画だと15日間だけ影武者となるところ、ドラマだとそうではないというのも大きな違いですね。