ジョン グラム。 ジョン・グラム/NHK大河ドラマ「麒麟がくる」オリジナル・サウンドトラック Vol.2

エレクトーン曲集• もちろん、ほかの俳優も気に入っている。 ハリウッドと日本の両方で優れた仕事を披露するベテランの劇伴作曲家は、どのような思いで大河ドラマに挑んでいるのだろうか。 海外マガジン• 商品詳細• フェア• 光秀以外のキャラクターにもとても好感が持てるね。 和雑誌• 1月19日に満を持して放送が開始されましたNHK大河ドラマ 【麒麟がくる】ですが、前評判の期待通りとても面白いとの意見が多数ありました! 話はそれますが「麒麟がくる」も気になりますね… 実は同編集部内で作っている大河ドラマ・ガイド「麒麟がくる 前編」は本日発売です!表紙、ほんっとにかっこいい。 ジャンルでさがす• 実際、美しい物語だし、この物語を書いた脚本家(池端俊策)は戦国時代のアプローチが素晴らしい。 盤種 CD• 現代から時代を遡った作品が取り上げられる大河ドラマの音楽は、1作目の「花の生涯」から複数の作品を手がけた冨田勲にはじまり、山本直純、三枝成彰など、日本の著名な作曲家が名を連ねています。 値は張りますが、その分たっぷり聴けて作品世界に浸れます。 」 江戸時代に書かれた書物『葉隠(はがくれ)』も読んだという。 また、オペラの公演にエレクトーンで出演している赤塚博美、清水のりこ、西岡奈津子、山木亜美、塚瀬万起子に、オペラの魅力をインタビュー。
98

それが2018年のこと。

作曲家デビューは1993年のリック・ジェイコブソン監督の映画『フルコンタクト』だが、アニメ、ゲーム音楽、テレビ音楽など世代やフィールドを選ばず携わってきたのが特徴だ。

<こちらもおすすめ!>. ジャンルでさがす• 1996—1999• ジョン・グラムが手がけた『麒麟がくる オリジナル・サウンドトラック The Best』が、まもなくリリースされる。

また、今回の『~The Best』は、大河サントラ史上初のSA-CDマルチ・ハイブリッド盤でのリリースとなり、通常のCD層に加え、SA-CD層には4K放送用に制作された5.1chのサラウンド音源も収録されている。

麒麟はいつ来るのか? 大河ドラマとしては初めて智将・明智光秀を主役とし、その謎めいた前半生にも光をあて、 彼の生涯を中心に戦国の英傑たちの運命の行く末を描いた大作です。

Suspect Device 1995 ゲーム [編集 ]• Dragon Fire 1993• 戦国時代を4Kでフル撮影した映像美にふさわしく、音楽面も実に充実している。

また、特定の文化色と直接的なイメージの結びつきが少ない楽器の使用も意識していますね」 もうひとつ、非常に大きなインパクトを残すのが、吉田鋼太郎演じる松永久秀の音楽だ ハリウッド映画界では高度な技術と独自の制作方法を行い、近代的なサウンドを作り出す作曲家として非常に存在感を示す人物でもあります
2014年にV6・岡田准一が主演した「軍師官兵衛」以来、5年ぶりに戦乱の世が舞台となる2020年NHK大河「麒麟がくる」は主演の長谷川博己をはじめ、本木雅弘、伊藤英明、片岡愛之助、佐々木蔵之介、向井理の他、同作が大河初出演となる高橋克典、沢尻エリカ、岡村隆史、さらに「おっさんずラブ」で注目された吉田鋼太郎、眞島秀和などの出演が発表されています 和雑誌• 代表作は『』、ワーナー・ブラザーズ・アニメーション『』、『』、ミシガン州映画祭最優秀音楽賞を受賞した『Alleged』、ベストサウンドトラックアルバム賞を受賞した『Long Flat Balls II』など
音楽は、近代的なハリウッド・サウンドを紡ぎだすベテラン作曲家として、ハリウッド映画音楽業界でも一目置かれる存在であるジョン・グラム オーケストレーションと日本の伝統楽器とのコンビネーションも見事なジョンの代表曲となり得るものだ
Southern Cross 1999• Alleged 2010• でも、とても愛しく、報われた日々だった 残念ながら、僕は全然、クールじゃなかった(笑)
『麒麟がくる』が僕にとって重要なのは、それが日本の観客、視聴者のための作品だったからだ フェア• Graham) バージニア州シャーロッツビルで生まれ
全44話のために膨大な数を作曲し、まるで冒険のような体験で、私にも多くの学びと進化がありました」• My Brother's War 1997• そんなチームの一員になれたことを誇りに思っている 本当にとてもいい時間を過ごすことができた
苦しかった ジョン・グラムは日本との関わりも深い音楽家として知られています
サックス奏者の平子健介氏さんに、バリトン、テナー、アルトサックスを演奏して頂き、トランペットとトロンボーンはナッシュビルで収録しています オーケストラの演奏曲をアレンジすることにも精通した彼なら、重厚かつ洗練された音楽で物語を彩ってくれるのではないでしょうか
「僕は勉強が好きなんだ(笑) 「音楽を聴くのは楽しい
僕はストーリー(物語/小説など)が大好きな人間で、それが映像音楽への興味につながっている 映画やゲームの人気作を数々手がけてきたジョン・グラムが、オリンピックイヤーに超大作となりそうな「麒麟がくる」に、どんな音楽で色を添えるのでしょうか
60