神戸 松蔭 女子 学院 大学。 神戸松蔭女子学院大学 本学の特色|大学ポートレート

語学充実コース• 4月 - 大学人間科学部に生活学科(都市生活専攻、食物栄養専攻)設置。 11
- 英国聖公会により、神戸市北野町に松蔭女学校が創立される• 4月 - 短期大学英文学科に英文学専攻、英語学専攻の、家政学科に生活科学専攻、食物栄養専攻の専攻課程を設置 (学生募集停止)• 4月 - 松蔭短期大学を 松蔭女子学院短期大学と校名変更• (2)人間の生きてきた歴史・環境について正しい知識をもち、社会の中での人間の果たすべき 役割を理解できる 2.汎用的技能 (1)日本語・外国語による十分なコミュニケーション能力を習得するとともに、生涯にわたって 学び続けることのできる基礎力を身につけている
短期大学生活科学科(生活科学専攻、食物栄養専攻)の学生募集停止 本学の建学の精神および教育理念は、大学学則に「本学は聖公会キリスト教 主義に基づく人格の完成と心身ともに健康な社会人の育成を期して高い学問的 教養を授けるとともに学術研究の場として深く専門の学芸を研究教授すること を目的とする」と示されている
4月 - 大学院文学研究科英語学専攻、国語国文学専攻(修士課程)設置 大学人間科学部生活学科食物栄養専攻が管理栄養士養成施設として指定される• 短期大学部英語コミュニケーション学科、生活造形学科の募集を停止(短期大学部、学生募集停止)• フリーアナウンサー• 英語プロフェッショナル専修• 大学文学部に総合文芸学科設置
- 大学60周年記念事業実施• 2018年12月5日閲覧
建物の外装においても銅版葺き切妻屋根とレンガ色のタイルで統一され、地域の景観をリードする存在となっている 4月 - 短期大学の英文科を英文学科、服飾科を服飾学科、家政科を家政学科と改称• 4月 - 大学人間科学部に子ども発達学科、ファッション・ハウジングデザイン学科を設置
心理学専攻(修士課程)• 4月 - 短期大学に服飾科増設• 神戸松蔭女子学院短期大学を 神戸松蔭女子学院短期大学部に名称変更 4月 - 人間科学部生活学科(都市生活専攻、食物栄養専攻)の学生募集停止
研究者志向コース• 食物栄養専攻• 4月 - 神戸市垂水区に 松蔭女子学院大学を設置(文学部キリスト教学科、英米文学科、国文学科) (2)狭い門の枠にとどまることなく、広い視野をもって専門的技術を身につけ、社会に貢献 できる. 臨床心理学コース• 4月 - 短期大学服飾学科を生活造形学科、家政学科を生活科学科に名称変更• 9月 - 学院創立100周年• 4月 - 大学心理学科を廃止• 都市生活専修• 文学部に英語学科、日本語日本文化学科を設置• 松蔭女子専門学校廃止• 心理学コース• これに伴い、短期大学のキリスト教学科、日本文学科を廃科• 大学に人間科学部心理学科設置(大学文学部心理学科学生募集停止)• また、書道部も全日本学書展で多数の受賞実績がある
- 短期大学部生活科学科(生活科学専攻、食物栄養専攻)を廃止• 幼児教育コース• イギリス国教会に端を発する聖公会は、キリ スト教の中でも、「中道の神学」をその基礎としており、「自由」と「規律」 という、相反する要素が提起する問題を経験主義によって巧みに解決してきた という歴史をもつ 六甲山系特有の多くの破砕帯を跨がないように建物を分節して配置し敷地の高低差を利用した結果、適度なヒューマンスケールと高低差によるビューの変化と奥行きが創設され、外部空間と建物が有機的に関連付けられたランドスケープを形成している
メディア・広報コース• 日本語学系統• MAKO. 都市生活専攻• 大学キリスト教学科廃科• メディア表現コース• 4月 - 文学部英語英米文学科、国文学科の学生募集停止 - 運営母体の財団法人を設立• 計画当時モダニズム全盛の時代にありながら、設計者によって独自に追及されてきたヒューマンな空間表現を「中世のヨーロッパの丘に建つ街のイメージ」として結実されている
4月 - 大学文学部英米文学科を英語英米文学科に改称• 今後も歴史を継承し地域に貢献する建築として高く評価できる 5月 - 神戸松蔭女子学院短期大学部を廃止• 4月 - 大学院文学研究科に言語科学専攻(博士課程)設置• 近年はアメニティの向上、バリアフリー化、ユニバーサルな視点でのサイン改修が行われている
77

日本文学・文化コース• 4月 - 短期大学が青谷から移転。

日本文学系統• 1.知識・理解 (1)グローバル化した国際社会で、1つ以上の外国語を習得し、その知識を活かして、異文化・ 多文化の存在・価値を十分に理解できる。

(2)社会に流通する情報を正しく把握し、その批判的受容に基づいて、論理的に思考でき、 自分の考えを正確に述べることができる。

初等教育コース• …・ 短大卒業• 実務志向コース• - 学院創立120周年記念事業実施• 環境負荷低減と省エネルギー化を推進し設備機器の更新と温度設定監理や学部学科ごとのモニタリングによる空調運転方法の改善により一次エネルギー消費量は年々減少傾向で、 2012年度実績では文部科学省が公表した学校施設エネルギー消費実態の 6割程度となり、平均を大きく下回る成果を挙げている。

麓のにの街と海を一望できるキャンパスを有する。

55