貸金 業法。 貸金業法の主要規定と規則・事務ガイドラインとの対照表(平成18年改正前の貸金業法による))

一 弁済を受けた旨を示す文字 二 貸金業者の登録番号 三 債務者の商号、名称又は氏名 四 債務者(貸付けに係る契約について保証契約を締結したときにあつては、主たる債務者)以外の者が債務の弁済をした場合においては、その者の商号、名称又は氏名 五 当該弁済後の残存債務の額 2 貸金業者は、法第十八条第一項 の規定により交付すべき書面を作成するときは、当該弁済を受けた債権に係る貸付けの契約を契約番号その他により明示することをもつて、同項第一号 から第三号 まで並びに前項第二号及び第三号に掲げる事項の記載に代えることができる。 業者の財産的基礎要件の引上げ•。 (貸金業法 第3条) また、3年ごとに登録を更新しなくては、その効力は失われます。 借入総額 10万円未満 10万~100万円 100万円以上 利息 20% 18% 15% (4)住宅ローンなどは規制に関係なく借りることができる 総量規制は、貸金業者が個人にお金を貸し付ける際に適用される規制です。 これに対し、銀行の業種は金融業となりますので、金融業者となります。

R02. 07 貸金業法 規則 事務ガイドライン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ~ 17 ~ 18 ~ 19 ~ 20 ~ 21 出資法 22 (昭和58年5月13日法律第32号) 最終改正:平成16年12月8日法律第158号 (昭和58年8月10日大蔵省令第40号) 最終改正:平成17年2月28日内閣府令第13号 (平成17年3月7日改正) (過剰貸付け等の禁止) 第十三条 貸金業者は、資金需要者である顧客又は保証人となろうとする者の資力又は信用、借入れの状況、返済計画等について調査し、その者の返済能力を超えると認められる貸付けの契約を締結してはならない。

現在借入を行っている個人事業主もどうしてもお金を借りたい法人の方も、その存在を知っておいて損はありません。

内閣府の所管する金融関連法令に係る行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律施行規則等の一部を改正する内閣府令• 漁業法等の一部を改正する等の法律の施行に伴う関係政令の整備及び経過措置に関する政令• また、必要に応じ、再委託先等の事業者に対して貸金業者自身による直接の監督を行っているか。

また、その書面は、債務者が自己の債務の内容を正確に把握し、弁済計画の参考としうる程度の一義的、具体的、明確なものであること。

)は、貸金業者の委託を受けて当該貸金業者の貸付けの契約に基づく債務の弁済をした者が当該債務の弁済に係る求償権若しくは当該弁済による代位に係る債権又はこれらの保証債権 (第24条の6を除き、以下 「受託弁済に係る求償権等」という。

41