亀屋 良 長。 亀屋良長 本店 (かめやよしなが)

69
「からだにもこころにもやさしい京菓子を」という理念のもと、材料を見直し、お菓子づくりをしています。 京都の青竹に、滑らかな口当たりの水羊羹と、甘夏入り白水羊羹を流しいれました。 長男はまだ2歳で、子育て、お店の切り盛り、病院の付き添い、商品開発と、駆けずり回る日々。 お抹茶が濃くてほんと美味しいの。 そら豆、えんどう、黒豆3種類の豆煎餅。 亀屋良長の発展から目を離せません。
12
〈本店・WEB限定〉 5,832円 税432円• そこでは、京都の和菓子や食材など地の利を生かした勉強ができる学部でもあります。 しかし、そんななか、若い女性という新規顧客を取り込むべく試行錯誤したのが由依子さんでした。 調味料から和菓子まで、さまざまな味をつくる老舗専門店の協力を得て、実現した詰合せ。 しかし、本当に美味しいと思って食べておられるのか、健康のために少し我慢して食べておられるのではないか、と内心思っていました。 亀屋良長 江戸時代、京の和菓子屋は「上菓子仲間」を結成しており、「亀屋良安」はその一つでした。
4