インディアン バイク。 【インディアン】「インディアンチーフ」シリーズがフルモデルチェンジ! 国内導入は今夏を予定

95
- でのツーリストトロフィー・レースでV型2気筒7馬力の新型エンジンを登場させ1 - 3位を独占した。 その後、第二次世界大戦後の1947年にはジョニー・スピイゲルホフがその座を引き継ぎ、翌年1948年はフロイド・エムデが優勝するなど、インディアンレーサーの躍進は誰も止めることが出来なかった。 起死回生のハイパフォーマンスモデル 現在も熱狂的なファンに支持されるこのスポーツスカウトは、フロントにレース用のガーターフォークを装着。 俗に「アメリカン」と言われるこのタイプ、日本のメーカーもよく似たクルーザーモデルを造っているが、インディアンだけがハーレーみたいと思われるのは、その存在が、やはりよく知られていないからだろう。 ホイールベース1,626mm、シート高662mm、ウェットウェイト304kgという数値は、ライダーにとっての安心感と操作性の良さを印象づけます。 1911年のマン島TTレースは、インディアン・モーターサイクルのひとつのターニングポイントとなった。 いずれも他メーカーの真似からスタートしたインディアンではあったが、そこで培った技術を自社にフィードバックさせて、独自のメカニズムも進化を遂げていったのである。
8