肩 甲骨 上方 回旋。 肩甲骨フォースカップルモーションを理解する

壁に向かって指を突き背中の感覚をつかむ 腕を前に突き出すときは肩甲骨が広がり(外転)、腕を後ろに引くと肩甲骨が寄ります(内転)。

肩関節は主に肩甲骨に上腕骨がぶら下がっている感じなので、肩甲骨のアライメントを確認。

この研究の中では、運動の解析に生きた被験者の肩関節にピンを直接挿入して2次元のX線データを収集しています。

内方へ。

成人女性で 5〜6cmとなります。

ご質問の趣旨とは少々違うかもしれませんが、以下はおそらく面白く読めると思いますので挙げておきます。

内転方向を担う筋肉も、動きが悪化することで上方回旋の動きに影響を及ぼします。

75

下制は、下部僧帽筋、下部前鋸筋。

そうなると手を上げる時に肩がすくんでしまいます。

手を上げる時に肩をすくめる参加者が気になる場合に準備運動として取り入れてみてください。

肩関節が120度外転したら、肩甲骨は60度上方回旋し、合計180度に。

運動としては 挙上・ 下制、 内転・ 外転、 上方回旋・ 下方回旋、 前傾・ 後傾があります。

僧帽筋下部の鍛え方として1番手っ取り早いのが四つ這い位から片手を上げるエクササイズです。

屈曲・伸展 屈曲に作用する主な筋は三角筋前部、大胸筋鎖骨部、烏口腕筋、上腕二頭筋短頭。

筋の作用とその動きについて 筋の起始と停止が頭でイメージできれば、骨の動きは大体分かると思います。

臨床での実際 所詮、底辺理学療法士の臨床なので悪しからず。

正常なアライメント まずは何事も正常なアライメントを知る必要があります。

65