源氏 物語 現代 語 訳。 源氏物語 現代語訳 比較 think0298

朱雀帝は桐壺院の幻を見て、眼病を患う それゆえ『源氏物語』の原文の持つ甘美さと雅やかさがとてもよく伝えられている
その巻の中に使用され、和歌の題材にもなっているもの 「夕顔」「末摘花」「賢木」「須磨」「明石」「蓬生」「松風」「朝顔」「少女」「初音」「胡蝶」「蛍」「常夏」「篝火」「藤袴」「若菜」「柏木」「鈴虫」「竹河」「総角」「早蕨」「東屋」「蜻蛉」 他の巻に見える言葉に由来するもの 「紅葉賀」 巻の中の語句を転用したもの 「花宴」 巻の中で描かれている出来事に由来するもの 「絵合」 巻の主題とおぼしき語句を用いたもの 「夢浮橋」 本文そのものが存在しないもの 「雲隠」 成立・生成・作者に関する諸説 [ ] 現在では3部構成説(第1部:「桐壺」から「藤裏葉」までの33帖、第2部:「若菜上」から「幻」までの8帖、第3部:「匂宮」から「夢浮橋」までの13帖)が定説となっているが、その成立・生成・作者・原形態に関しては古くからさまざまな議論がなされてきた 須磨での生活が落ち着くと、源氏は閑居のわびしさを痛感する
中世以後に有力になった Barcelona: Juventud, 1941)
同じ頃、明石の君は懐妊し、源氏は再び明石の君に心を寄せる 生まれつき体からよい薫がするため、そうあだ名される
また、より積極的に、上記のような事実関係を前提にして「『源氏物語』は紫式部が父の藤原為時とともに具平親王の元にいた時期に書き始められた」とする見解もある 宿願をかなえた明石の入道は、山に入り、消息を絶つ
53
母国の言葉をどんどん減少させて、外国の言葉で補っていく。 藤壺もお並びになっていて、帝の御寵愛がそれぞれに厚いので、対句のように『輝く日の宮』とお呼び申し上げている。 作者のにとって生涯で唯一の物語作品である。 朝顔の斎院が初めて登場する場面 に相当する部分が存在せず、位置的には「桐壺」と「帚木」の間にこれらの内容があってしかるべきであるとされる(現に、この脱落を補うための帖が後世の学者によって幾作か書かれている)。 また、評釈の方は、原文が上段、翻訳が下段と、同一頁に表示されているのに対し、 文庫の方は、冊子の後半が、現代語訳の頁となっていて、原文と訳を比較しながら読むには不向きなため、 訳文が独立して、読みやすいような変更がなされたのではないかと推測します。 二部構成説、三部構成説 [ ] 『』『』あるいは『』といった古い時代の文献には、の巻数を「宇治一」「宇治二」というようにそれ以外の巻とは別立てで数えているものがあり、このころ、すでにこの部分をその他の部分とはわけて取り扱う考え方が存在したと見られる。 これらの3分類を見直すべきだとする見解としては、阿部秋生による「奥書に基づいて写本を青表紙本、河内本などと分類することが妥当なのかどうかは、本文そのものを比較しそういう本文群が存在することが明らかになったあとで初めていえることであって、その手続きを経ることなく奥書に基づいて写本を分類することは、本文そのものを比較するための作業の前段階の仮の作業以上の意味を持ち得ない」、あるいは、「もし、青表紙本がそれ以前に存在したどれかひとつの本文を忠実に伝えたのであれば、河内本が新しく作られた混成本文であるのに対し、青表紙本とは別本の中のひとつであり、源氏物語の本文系統は、青表紙本・河内本・別本の3分類で考えるべきではなく、別本と河内本の2分類で考えるべきである」といったものがある。
79