シャトル フル モデル チェンジ。 ホンダのシャトルが2021年にフルモデルチェンジ?最新情報を解説!

LKAS(車線維持支援システム) 車線内を走行できるようにステアリング操作を支援。 ホンダ シャトルは2015年5月に発売された5ナンバーサイズのステーションワゴン• 搭載されるホンダセンシングは、前方を広角に検知するフロントワイドビューカメラを新採用。 ただ、2代目シビックシャトルのモデルサイクル後半から日本でステーションワゴンブームが始まったこともあり、モデルサイクル後半になって販売が盛り返した点は救いだった。 車線維持支援システム•。 日本での発売は9月頃と予想。 フルモデルチェンジするヴェゼルは4代目 新型フィットをベースに開発。 なぜこのようなことが必要なのかと言うと、トヨタ新型ヤリス Toyota New Yaris シリーズが毎月の新車登録台数で1位を獲得している背景には、新型ヤリス/ヤリスクロス New Yaris Cross /GRヤリスの3車種が全て含めてヤリスシリーズになっているため、どうしても新型フィット4との販売台数に大きな差がついてしまうんですね。 もしかしたら後半にずれこむのではとの雑誌情報も出ています。 搭載されるホンダセンシングは、前方を広角に検知するフロントワイドビューカメラを新採用。 断面構造の変更で衝突安全性能を確保しつつ、フロントピラーが3代目の半分以下の厚さとなった。
44