特定 記録 郵便 と は。 特定記録

320円(簡易書留)• 利用料金は以下の通りになります。

9
3.内容証明 配達証明がおこなうのはその 郵便が相手に間違いなく配達されたということだけで、 その郵便の内容まで証明するものではありません 休日には配達されない ・速達など別のオプションをつければ可能ですが• したがって、「 書留」は確実に相手の家人に届きますが、「特定記録」は郵便ポスト以降の郵便の行方は確実に家人にわたったかどうかは定かではありません
新しいサービスとして「」というものが新設されます これを見ていた私は思いました
「普通郵便」は損害賠償や追跡サービスが付きません 海外旅行や出張で、自宅を長期間留守にする事ってありますよね
お年玉付き年賀状、あまり期待はしていないと思いつつ、ついついチェックしてしまいます 差し出し方法 何度もお話している通り、特定記録郵便と簡易書留は、郵便物の記録と配達状況の追跡が可能です
上記だと 書留430円+配達証明310円=740円かかるところがたったの160円である さらに、『』、『』も、特定記録郵便とほぼ同じ内容となります
160円(特定記録郵便) の差額は大きいように感じます ポストへの投函ではダメですし、コンビニでも扱ってはいません
普通郵便の料金に160円の追加料金が必要です ミニレターは、コンビニでも購入できるのでしょうか? 郵便局よりコンビニの方が家の近所にあるし、24時間開いているし、コンビニで購入することが出来たら便利だなと思っている方もいると思います
31