強迫 観念。 強迫観念(強迫性障害)とは?意味や病気の原因・症状、克服する方法を解説

29

出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について. 恐怖強迫 ある恐怖あるいはことば、事件のことを口にできない。

原則として強迫観念や強迫行為の対象は自身に向けられたものであり、これによって患者が非社会的になっても、たとえばのような反社会的行動に結びつくことはない。

準備したらこの写真をよーくみてください。

強迫観念の内容の多くは普通の人にも見られるものだが、普通の人がそれを大して気にせずにいられるのに対し、強迫性障害の患者の場合は、これが強く感じられたり長く続くために強い苦痛を感じている。

対称性や正確性にとらわれていて、本人のなかで「まさにぴったりとした感覚」が得られないことで落ち着かなくなります。

強迫性障害では、大きく分けると2つのタイプに分けることができます。

しかし、中には吐き気・口の渇き・便秘・下痢などの副作用が出る人もいるため、身体に変化が起こった場合は必ず主治医に相談しましょう。

そのような時には周囲の人に、「大丈夫ですよね?」という確認を、安心感が得られるまで求めます。

スタンレー・ラックマン 『強迫観念の治療 認知行動療法:科学と実践』 作田勉訳、世論時報社、2007年2月。

このため治療薬の反応性も異なりますし、精神療法のアプローチの方法も異なってくるのです。