モンスト パンター。 【モンスト】パンターG(獣神化)の評価・適正とわくわくの実

これはパンターが関係した戦闘でも同じであり、パンターが直面した平均交戦距離は850mと、1,400mから1,750mのドイツ軍が望んだ長距離での戦闘はわずか5%、それより長い距離の戦闘は殆どなかった 勇者レイデルの伝説• 実物大モックアップが作られ、計画は1945年1月の時点まである程度進んでいたものの、試験部第6課から「車体サイズに比べ火力が貧弱」との指摘があり、この砲塔を拡大したような形で連装5. 後に「V号戦車」という名称は廃止され、「 パンター戦車(独:Pz. またアメリカ軍は、パンターやティーガー対策として、新型の生産を強化していた
しかし行軍中の大渋滞に巻き込まれ先行することができず、結局はマルメディ市街地への強襲攻撃に使われ、地雷やバズーカ、砲撃によって4両が失われてしまった めちゃくちゃ強いです
パンターのライバルは、連合軍で配備が進んでいた戦車となった これらフランス製パンターは頃まで現役で運用され、退役後も頃まで近郊で予備保管されていた
加速効果は後述するSSとも好相性なので、水属性への直殴り火力に期待できます 1944年8月から1944年12月のまでの間の、アメリカ軍の第3機甲師団と第4機甲師団の統計によれば、全98回の戦車戦のなかでパンターとM4シャーマンが直接戦った戦闘は29回であったが、その結果は下記の通りであった
後に社が加わり、更に1940年には社が参加、各社に設計案提出が求められ、それぞれVK20. 1944年10月に策定された量産計画によれば、F型は各社で1945年3月から5月中に製造が開始され、1945年6月に全てのパンターはシュマールトゥルムを装備して完成されるものとされたが、1945年1月30日時点では最初の完成予定が6月または8月まで延ばされており、そのまま終戦を迎えた ドイツ軍は自軍戦車の特徴である、強力な戦車砲と厚い装甲を活かした長距離での戦闘を望み、戦車兵に1,800mから2,000mでの戦闘を指示したが、想定通りの距離での戦闘とはならず 、実際にはアメリカ軍がドイツ軍の戦車を撃破した平均距離は893mに対し、ドイツ軍がアメリカ軍の戦車を撃破した距離は946mと、大差はなかった
また車体にも改良が行なわれ、車体上面・下部装甲の増厚、操縦手、装填手用ハッチのスライド式への変更、車体前面機銃をからへ変更、乗員自衛用の装備などが行なわれている バリエーション [ ] パンターD型 この車両はA型の初期タイプの砲塔を搭載している パンターD型 1943年1月-9月にかけて、、、MNH各社によって842両が生産された最初の型
スピードの遅さを補うアビリティを持っていることで、高攻撃力と水キラーを十分に活かすことができる 弱点だった車体側面装甲が若干強化されている反面、被弾率の低い車体下部前面などは逆に削られた
14 34