コ の 字 とじ。 かぎ針編みのとじとはぎ[後編]

むしろ見慣れた位置に付けるより、ちょっと後ろめに付けたり、思いっきり前で下の方に付けたりといった位置の方がテディベアの表情に個性が出て楽しいものです。

・角が鋭角の場合 先が細くなっている角は、カットするときにひと工夫。

バッグの場合 口のところに返し口を持ってくると後の始末が大変です 糸は、コスモの5番のなど少し太めの糸を使い、一本どりで刺繍していきます
気に入らなければマチ針の位置を移動し、気に入る口の位置を見つけます かなりアバウトな方法です 笑 用意したのは、 同じ大きさの刺し子布巾2枚 ほんの少しの布 キルト芯、使ってないガーゼハンカチやタオルなど 布巾サイズより、周り5㎜ほど小さめにキルト芯やタオルを切ります
いろいろな位置にトライしてみてください 3.耳の位置を決める
ポイント2. 一針一針糸を引っ張りながら、耳が浮かないようにしっかりと付けましょう 折り山同士をコの字に糸を渡していくことから「コの字縫い」と呼ばれます
表返してきれいにカーブを縫うのはとても難しいです 耳を頭に付けるときは、ちょっと長めの針(の長さ7㎝ぐらい)が使いやすいです
端の目の頭に針を入れてとじるので1段の高さが長いものは糸が長く渡り、とじ代が開いてしまうので不向きですが、逆に開いても構わないような模様に使用するのもおすすめです 耳の位置はここでなければいけないといった決まりはありません
51
耳の両端にマチ針をさし、両耳を頭に置いてみます。 カーブを縫う場合 返し口は直線にあけるのが一番いいのですが、丸いものを作る時などカーブしかない場合もあります。 ・厚手の布の場合 厚手の布の場合は、角の縫い代を図のようにカットしてもよいでしょう。 慣れれば簡単ですが、初心者さんは手縫いの方がやりやすいかもしれません。 ・キルトの場合 キルトわたを重ねている場合は、キルトわただけを縫い線のきわでカットすると、角を切り落とさなくてもすっきり仕上がりますよ。 また、この縫い方は橋のような形から、ラダーステッチ(ladder Stitch)とも呼ばれています。 ポイント1. 耳を頭に付けるときは、耳の出来るだけ根元に針をさし、糸目が目立たないようにします。
15

細かいところですがこんなところをきれいに始末すると、ぐんと作品の出来栄えが良くなりますよ。

最初慣れないうちは、アウトラインの糸の中を埋めるように刺繍する方法もよいかと思いますが、慣れてきたらアウトラインなしで、四角い鼻や、ベース型や、本当の熊のようなリアルな形の鼻などいろいろな形の鼻にも挑戦してみてください。

(図A参照)。

ポイント1. 耳は高い位置に付けると、ちょっと緊張した感じの表情に、下の方につけると、お猿さん系のあどけないおとなしい感じの表情になります。

青い線はミシン目です。

決まったら、まず、縦の鼻の下の刺繍をします(図F参照)。

押さえた手をできるだけずらさないように角を内側に押し込みます。

71