槇原 敬之 同居 人。 槇原容疑者に新パートナーB氏か 同居のA氏と破局

槙原容疑者は13日、平成30年3月と4月に当時住んでいた東京都港区のマンションの自室で、覚醒剤と危険ドラッグ「ラッシュ」を所持していたとして逮捕された。

槇原敬之さんとB氏の出会いや馴れ初めは? 槇原敬之さんの新パートナーと言われるB氏。

言い方は悪いですが、いわば日本は覚醒剤の本場。

2回目の逮捕でもう信じられなくなりました。

その危険性が知れ渡り、違法薬物となったいまでもこれだけ蔓延しているのですから、もしかしたら働くのが好きな日本人の国民性に合っていたのかもしれません」(船山氏) 「快楽」ではなく、「仕事がデキる」からハマる そして、この「仕事ができる」という点にこそ、一度手を出すと抜け出せなくなる覚醒剤の恐ろしさがあるという。

そんな彼ですが、2007年に日本テレビの番組で美輪明宏さんと対談した時に ゲイであることをほぼ認める発言をしています。

本誌が2人を目撃したのは1月下旬。

また、シンガーソングライターとして他のアーティストに 楽曲の提供もしており、以下のヒット曲があります。

從作詞、作曲到編曲,槙原敬之的音樂創作大都由自己一手包辦,常以日常生活及戀愛為作為題材,以具現實感的言詞表現在詞曲上。

持ち前の才能で、また次々とヒット曲を生み出していきます。

7