緊急 小口 資金 延長。 緊急小口資金等の特例貸付の受付期間、住居確保給付金の支給期間を延長します

虚偽の申請、不正な手段での借り入れ、利用目的以外で借り入れた資金を使用することはもちろん許されません。

無利子、保証人なしで、1年据置、なお、償還開始時に住民税非課税世帯であれば、返済は免除されます。

総合支援資金も同様の対応 厚生労働省は、1世帯あたり月最大20万円を9か月間に渡り貸し付けを行う 「総合支援資金」の特例制度についても、申 請期限を2021年3月末から6月末までに延長するとしています。

貸付期間 貸付期間は原則、 3か月以内となっていますが送金は 1か月ごとの分割交付となります。

これが延長貸付です。

つまり、一方の側の特例貸付の支給が終わっていないと、他方の特例貸付を受けることができません。

償還期限 返済期間は 10年以内となっています。

対象者 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付けを必要とする世帯• ワークの未来も不安がつのりますが、まずはライフがあってこそ。

全国社会福祉協議会のウェブサイトにがあります。

たとえば、新型コロナウイルス感染症が広がる前後で独立し、事業を始めてしまった場合や、大きな契約の見込みがあったものの契約書がない場合などです。

34

また、このとき、総合支援資金(生活支援費)の特例貸付の据置期間(返済猶予期間)が特例で最長1年になっていますから、総合支援資金(生活支援費)の特例貸付の返済がまだ完了していない、という状態です。

不審と思われる電話番号であれば、 所管の警察などに相談することも必要です。

「償還免除」というと若干難しく感じてしまいますが、簡単に言えば 『返済しなくてもOK』ということですね。

貸付利子・保証人 総合支援資金も緊急小口資金同様に、 無利子で連帯保証人も不要となっています。

申込先 臨時特例つなぎ資金貸付の利用を希望する場合には、それぞれ 住まいの市区町村の社会福祉協議会の窓口に直接相談してください。

99