次 世代 モビリティ。 NTTドコモら4者 海浜幕張エリアで次世代モビリティの実証実験を開始 自動運転電動小型モビリティと電動車いす

電動キックボードの最適な社会実装を目指して Luupの岡井大輝代表。

なお、今回の実証試験の結果をもとに、令和3年に予定されている国家戦略特別区域法に基づく特例措置の検討がなされる予定だ。

「次世代空モビリティ」 ドローンや空飛ぶクルマといった次世代空モビリティの誕生で、空の利活用の可能性が拡がってきています。

健康状態が良好な方• 内容 時間 ・場所 (1) 【事前申込】次世代モビリティの体験会 (先着 約50人) ・試乗は無料。

はじめて(規制の緩和に向けた)実証試験のスタート地点に立ったかな、というのが個人的な認識です」 と、公道での実証試験、そしてその先にある実際の法整備に向けて、今回のステップは非常に重要であると話す。

自動車メーカーもクルマを製造販売するだけでなく、移動に関するサービスを提供するモビリティの構築に取り組み始ました。

モビリティや規制緩和に関する調査研究・各種事業• 都心と地方では、小型モビリティの使用方法なども異なることが想定される。

特定高度情報通信技術活用システムの開発供給及び導入の促進に関する法律• ここが緩和できたことで、初めて公道で実証ができるようになったといえます。

クルマの「スマートモビリティ」とは、自動運転などを利用して移動手段の効率化を図る技術の総称です。

最終的に全国的に電動キックボードをはじめとした「マイクロモビリティ」の普及を目指す業界にとって、モビリティの使用方法の地域差は貴重なデータとなりそうだ かしわ移動支援ロボット実証実験推進協議会オブザーバー等歴任
また、屋外実験では、株式会社ドコマップジャパンが提供する位置情報端末(DoCoMAP)を取り付けた次世代型電動車椅子「WHILL Model C」を海浜幕張駅周辺で市民や観光客に無料で貸し出し、移動データやアンケートを収集して、シェアリングサービスの需要性や利用者の回遊性を調査する ここから浮かび上がるのは、MaaSをはじめとする、「モビリティ」への取り組みは、「もはや自動車産業を中心に語られていない」「他の国・地域・領域のベストプラクティスは、必ずしも最適解ではない」「新たな主役はまだ決まっていない」などの事実です
自転車専用レーンがある道を走るときは、実質、道の真ん中付近を走らなければなりませんでした 本実証では、屋内実験として、電動小型モビリティー「ILY-Ai」に千葉大学の大川一也准教授が研究する自律走行エンジンモジュールを搭載し、イオンモール幕張新都心内にドコモの屋内位置情報端末(Location Net)を設置することで、自動運転の走行テストを行う
さまざまな形で進化するモビリティについて、解説していきます ・当日参加での試乗も可能ですが、人数に限りがあります
ドローン 最新情報• 試乗された方には、アンケートにご協力いただきます 過疎化や高齢化など、地域が抱える交通に関する課題の解決や観光客向け、さらにCO2削減に貢献する新しいモビリティとして期待されています
24