宅見 若 頭 射殺 事件。 宅見勝射殺事件、五代目山口組・渡邉芳則組長の指示だった!21年目の真相告白 (2019年1月23日)

中保喜代春は上告 「2~3年前から住んでいた」というアパートや公共料金が同一の別人名義で契約されていたことも判明した
この事件は、1997年8月に神戸でおきていま 「100年の歴史のある山口組で、長期的な視点で戦略を考えた人物は3人いる 筋道を外したらヤクザの世界は成り立たないし、そんなことくらい親分がわからないはずがない
そして、山口組執行部は28日のうちにヒットマンは中野太郎会長率いる中野会系の組員と断定しました - 同上 この項目は、・(犯罪者・犯罪組織などを含む)に関連した です
新型コロナウイルスの感染拡大を危惧し、東京都が外出自粛を呼び掛けた「ステイホーム週間」真っただ中で、羽田空港に1人の男が降り立った それによると、宅見さんの渡仏は田中さんの頼みで官房長官や外務大臣を歴任した安倍晋太郎事務所がサポートしたと書かれています
傘下の組織の者から、宅見の日常の動向を探るための「偵察部隊」と、襲撃のための「実動部隊」を作り、銃撃のチャンスを狙うことにしたのである だが、私の気持ちを察して、彼らは作戦を練り始めたようだった
臆測がいろいろと流れたことで、組織の中に疑心暗鬼の空気が生まれてしまったようです Y元組員に対して報復なんかせん、いうことやな
1997年8月に発生した五代目山口組の宅見勝若頭の射殺事件から20年あまり とはいえ、若頭襲撃班のメンバーは哀しい運命をたどります
広いフロアに咳払いが響くような異様な静けさが再び戻った 「話が違うやおまへんか!」 私は電話口で五代目に怒鳴った
33

表情は見えなかったが、ベージュのジャケットと白っぽいズボン姿で、足早に歩く様子からは、ブランクを感じさせなかった。

この事件には様々なことが言われており、事件の犯人は山口組の中野会の犯行なのではないか?ということも言われていましたが、警察の捜査も遅れていました。

ほとんどの組長が私の絶縁を望んだのに対し、五代目は「まだ犯人とわかってないやないか」と反論したという。

このような背景があったことからこう展開していきます。

前列中央、グレーの袴姿が渡邉組長。

その恩を忘れずにいて、Y元組員が服役した20年間、ずっと手紙のやりとりをしとったそうや。

Y元組員に対して報復なんかせん、いうことやな。

12