ビー ファイター カブト。 『ビーファイターカブト』感想まとめ7

本作品の劇伴の一部は次作の「ビーロボ・カブタック」でも使用された 挿入歌(前作からの流用) 「重甲ビーファイター」(第25 - 27、47話) 第47話ではインストゥルメンタル版と併用された
メルザード一族の戦力 諸元 メルザードス 全長 18km メルザードス メルザード一族の巨大戦闘要塞 テントウに受け継がれた
でも、データ化する上ではどうしようもない部分 ライトニングキャノン ゲンジが右腕に装着したキャノン砲
そして5年の間に世界は、科学と昆虫魂が手を組んだ力により、着々と作り替えられているのかもしれない 霊魔獣ザンショーオー(声:)• 当初は前作を踏襲しているため、新鮮さという意味でやや面白みに欠ける部分もありましたが、 その分、甲平というキャラクターはしっかり書かれていたのではないかと
風の昆虫戦士• (37話)• この後、クワガタ神の強大さを現す為に、ミニチュアのネオビートマシンが果敢に挑むも紙細工のように吹き飛ばされる、 というのは対比もハッキリして面白かったのですが、やるならタイタン初登場の時にやるネタで、 何もかも遅すぎます 灼風獣ザースト(声:) 小林靖子 東條昭平 7月28日 22 轟く三味線炎の女将• 第26話 悪夢! ・クワガー、ヤンマ、ミンの新生BF
初代ビーファイターの新装備・新技 超高周波発生装置 コスモアカデミアニューヨーク本部で開発された大型砲 風の昆虫戦士• 2本の状の短・ンガースナイプをとする
甲平にやけに突っ掛かるマック デズル・ザ・グレート 扇澤延男 10月 06日 32 響け美しき蝶の 旋律 ( メロディ )• 最終決戦において、ガイストアックスを召喚するためのエネルギーとなり、消滅した
「おまえが飛び出してくるからこんな事になったんだ!」 「なにぃ?! おまえこそ下手な戦いしやがって!」 紫がジャミングビームを放って撤退し、兄者はビーファイターを退けた戦果にご満悦 第34話「制圧!?BF敗北の日」 第35話「闇を裂く復活の巨神」 ・マック再登場
柄の部分にはインセクトメダルを収めるスペースがある ・あくまでBFカブトの能力を吸収しようとしているところにライジャの拘りを感じる
怪談教室• 演出ライター陣の一人である鷺山京子、演出の東條と三ツ村鐵治、そして長らくメタルヒーローシリーズに携わってきた撮影技師の浄空()など、本作品を最後に東映特撮から離れたスタッフもいる ところがそこにデズルから追加の腕輪を貰ったサソリが参戦し、三つ巴のチェーンデスマッチがスタート
第48話にて、爆弾用の雨を浴びてしまったことから、自身も生体爆弾になってしまう 昆虫剣士ミオーラ• 次に会う時は立派なBFにと別れたソフィーですが、あっさりと弱音を吐くなど、まだまだ
・地味に嫌な作戦 恐竜武人ライジャ(強化)• ・ネタバレを見たときは、幹部ふたりに見せ場のあるカブトと比べ、クワガーの立場は……と変な心配してました
メルザード=コナンの蘭だけど、コナンのアニメは、カブトより2ヵ月早く始まったんだよな 168-169, 「ビーファイターカブトが立ち向かう悪の組織とは?」• 音楽は前作にて主題歌・挿入歌の作編曲の殆どを手がけたが起用され、本作品では主題歌の編曲を手がけたと入れ替わる形となった
エリ:(44話)• 街での聞き込みから新任教師が怪しいと目星をつけた3人は甲平の学校に向かい、ゆいやその友人が謎の繭に囚われた事を知る アゲハに選ばれたことに加え、アストラルセイバーのメロディーに導かれて来日
・テントウvsミオーラ やはり単純にメタリックな昆虫戦士は格好いい
イーターは取り戻したものの話としてはバッドエンドなのが 「VS. 中ののから生み出されたを親衛隊とする
アストラルセイバーとは異なり、インセクトメダルは必要としない また、後半からの怒涛の展開や敵側の戦力増強が次々と行われる中、インプットライフル、アストラルセイバーと新装備こそあるものの 最後まで初期の決め技のまま、パワーアップらしいパワーアップもせずに戦いを終えたのは個人的には好印象でした
・互角
65