武漢 の ウイルス 研究 所。 武漢ウイルス研究所流出説、海外で再び広がる…ファウチ所長のメール公開、風向き変わる

また、豪紙オーストラリアンは6月上旬、周育森氏が昨年2月24日、新型コロナウイルスのワクチンの特許を出願したと報道した。 彼女の脱出を助けたのは逮捕された公安副大臣 孫立軍 です。 3月の調査後に「極めて可能性は低い」としていたWHOの事務局長も同会議に出席し、「第2段階の調査」を示唆した。 自身の名誉を守るためにこれまで一蹴してきた武漢ウイルス研究所流出説に対して一定の評価を下したのだろう」と受け取っている。 ついには米政府もこの疑惑に言及し、当局がウイルスの出所をめぐり「徹底的な調査」を行っていることをマイク・ポンペオ()国務長官が表明するに至った。 アメリカのを統括する(ODNI)もウイルスは人工のものではないと発表し 、に基づき英語圏5カ国の諜報当局が運営するも「研究所から流出した可能性は極めて低いとみている」と報じた。 親中国寄りの事務局長の姿勢に批判の声が高まったことはまだ記憶に新しい。
74 26