進撃 の 巨人 138 話。 【ネタバレ注意】ラスト2話、進撃の巨人138話『長い夢』がヤバすぎる・・・

しかし、ミカサはエレンの願いを拒否。

都合良い妄想なら「マフラー捨てて忘れて」とはいわない。

それを聞いてアニは父親の方に走っていきます。

最初はタイムループなのかなと思いました。

子供どんどん生め」 シャイニングムカデくん「せや! どんどん増えるで!」 エルディア王「その巨体で世界を支配しろ」 シャイニングムカデくん「おっきなってみんなを支配するんや!」 初代エルディア王、シャイニングムカデくんと同類……(でも『生き物』としては正しいんだよなぁ) シャイニングムカデくんは次回詳しく。

しかも 1話のエレンと同じくミカサは涙を流してましたね。

8
あとには煙に包まれるジャンやコニー、そして彼らの家族だけが残されています・・・ 「これが俺達の最期かよ・・・」 そうつぶやくコニーの背をジャンがそっと叩きます。 アッカーマンと巨人の力を持つものであれば無垢の巨人にはなることはない・・・ 今はその戦力のあるものだけで逃げ延びるしかない、リヴァイはそういい、これから無垢の巨人となる家族や仲間たちを捨てていこうと提案したのです。 ライナーと会えないのか。 コニーが事態を察したこと、そしてそれを受けてリヴァイがミカサらを逃がすところはさすがです。 進撃の巨人138話ネタバレ考察 あと2話で伏線は回収されるのか? 4月9日発売の139話で最終回を迎える進撃の巨人。 エレン、ユミルの保護者になる(親ではない)• そして、泣いていることに気づくのです。 好きなものを想像すれば作れるということです。 一方、アニは父親と再会し抱き合おうとしますが、光るムカデの煙によってアニの父親は無垢の巨人となってしまいます。 。