かまいたち ネタ作り。 かまいたちのネタ作り担当はどっち?合わせが上手い理由はなぜ?

『かまいたち』さんたちの漫才の役割分担ですが、ボケ担当は山内健司さんでツッコミ担当は濱家隆一さんが基本になります。 お店で働いているおばちゃんに「お店、何年くらいやっているんですか?」と聞いて、「もう25年くらいですかね」と答えたとするじゃないですか。 山内:そうですね。 よしもとブサイク芸人ランキングで10位にランクインしたことも! 2017年2月22日一般女性と入籍 2018年6月26日 長男が誕生しています。 どんな時でも、 濱家さんはツッコミの練習をしているわけです! 普段からツッコミを入れている濱家さんだからこそ、上手いツッコミが決まりますよね! 濱家さんは2019年M-1グランプリで、上手いツッコミを入れて観客を魅了してくれると思います。 過去には校長を務めたこともあり、その影響を受けて教育大学を選んだようです。 現在はレギュラー番組も持っており、バラエティ番組で見ない日はないほど人気者となりました。
58

当時は就職氷河期で、教員免許があっても就職が難しい時代でした。

YouTubeも安定した再生回数を維持しているが、お笑いファンからは厳しい声が向けられているようだ。

趣味は将棋や競馬。

山内:自分的には誰も興味ないし書かんでええやんという部分でも、編集の方が「それを知りたい人は結構いると思います」と言ってくれて、どんどん書いていった感じです。

そんなとき、去年の1月に出版元の扶桑社さんから「猫目線でかまいたちを語るという本はどうでしょう?」と提案を受けまして、攻めた設定で面白そうだなと思って、ちょっと書いてみますということになりました。

以前のインタビューで濱家さんは性格的にも合ってることを話しています。

そのボケ担当である山内健司さんは、2019年のM-1決勝戦前日、関西で5ステージをこなし、家に戻ると翌日の決勝の舞台でやるネタを1人でしつこいほど練習していた。

2018年6月26日に第一子となる男の子が誕生し、名前ははなと君と言います。

一番最初に受けたオーディションでは、僕が書いたネタで落ちて。