消防 団 強制。 みんなが消防団を嫌がる理由【無駄な行事が多すぎる】

ただ実際の支給額は自治体が条例で定めることになっており、平均の 年額報酬が2万5064円(2010年度)、1回の 出動手当が2562円(11年4月)と算定基準を大幅に下回っていた。
今はかえって士気が下がることに繋がっているように思います。 また、消防団員は災害現場で危険な活動に従事することから、活動中に死亡、若しくは負傷または疾病にかかった場合には公務災害補償が受けられます。 入りたくないから入らないというのは認めない」という姿勢で臨む。 — おとう loveyomesan 元消防団に入って居ましたが、先輩などの上下関係がクソすぎて幽霊団員でした、、、しかし年1の消防団旅行の時には行かない自分にも毎年4万円払えと言われた挙句、退団するさいも退職金を全額団費に収めるよう言われ、頭にきたので訴訟しましょうか?って言ったら相手が引き下がりました。 消防組織が充実している都市部では消防団の負荷が少ないですが、その反面、 人口が減少し高齢化が進む田舎では、消防組織だけでは活動が間に合わず、災害対応を消防団に依存している地域も少なくありません。 市内では他にも複数の消防団組織が、地元自治会から毎年数十万円の寄付金を得ていることが、本紙の取材で明らかになった。 ただ、 別の消防団の人と報酬の話はできないですね。 実際、出ていけとも言われている。
96 77