シェータ シンセシス トゥエルブ。 「ソードアート・オンライン アリシゼーション WoU」第9話ネタバレと感想を紹介!

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。 ユージーン 声 - サラマンダー領主・モーティマーの弟で 、サラマンダー部隊の指揮官。 雙翼刃の弱点は極限の薄さと軽さです。 ナーヴギアが発売された頃からフルダイブ技術に注目しており、戦争を根底から覆す可能性を感じていた。 「ランガン の鬼」と呼ばれる俊敏性に特化した能力構成で、純然たるプレイヤースキルでは優勝者であるゼクシードを凌ぐと言われている。 小柄だが推定EからFカップと豊満 で本人の密かな悩みの種になっている。 売れる情報は何でも売るというスタンスだが、情報屋としては優秀で、良識も持ち合わせている。 三等爵家長子という立場に強い自尊心を持ち、傲慢で嗜虐的な性格。 その根性を買ったサクヤにスカウトされ、ALO再開後はシルフ領主館のスタッフとしてスイルベーンに常駐している。 SAOで培った技術とALOのシステム特性を利用したPKや強盗行為を繰り返すが、それでも自分と歩み寄ろうとしてくれたルクスと共闘の末に和解する。
68
月夜の黒猫団(Moonlit Black Cats) [ ] 中層ゾーンで活動していた小規模ギルド。 ベルクーリの外見は 壮年の偉丈夫で、 飄々とした性格と剣士の矜持を備えている人物です。 キリト曰く「アニキ軍団」。 SAOでは攻略組の一角として前線に立ち、討伐戦にキリトらと共に参戦、GGOでは「死銃」がラフコフの生き残りであることに真っ先に気づき、UWでは救援に現れた日本側の一般プレイヤーたちの先陣を切ってアスナの元へと駆けつけ、URではエギルと共にキリト一行に合流して窮地に陥っていた一行を見事なタイミングで救っている。 的確な指揮でボスを追い詰めるが、ラストアタックを狙うために突出したことが仇となり、ベータテスト時と違うスキルで反撃してきたボスモンスターに対処しきれず死亡。 アスナを探してALOに現れたキリトに助けられ、お互いの素性に気づかないままキリトの目指す世界樹への案内役を買って出て 、攻略を目指すキリトの戦いを援護する。 アリシゼーション編では、半年をかけて「ダイシー・カフェ」を探し出し、和人を襲撃・薬液を注射するが、自身も傘で右太股を刺され相討ちになる。
6