マル 伊 商店。 【DoChubu掲載】新名物「生炊きしらす」が人気!師崎で干物・チリメンジャコ・つくだ煮を製造直販する「マル伊商店」

また、2012年 平成24年 には「生炊きしらす」、「生炊き小女子」が農林水産省、経済産業省による地域産業資源活用事業計画の事業に認定されました
おいしい商品づくりを第一に考え、師崎であがった新鮮な魚介類を使ってこだわりの干物やチリメンジャコ、つくだ煮を日々つくり続けています なのでさっそくネットでも購入してみました
0569-63-2364 所在地 〒470-3502 愛知県知多郡南知多町大字片名字新師崎11-2 創業 1908年(明治41年) 設立 2019年(令和元年)5月7日 事業内容 水産物加工・鮮魚仲買・冷凍・冷蔵・佃煮 取引金融機関 愛知信漁連、知多信用金庫、中京銀行、ゆうちょ銀行 (五十音順) 取引先 愛知県漁連、㈱一笑、㈱うおいち、魚太郎㈱、沖物産、 おわせ川栄、㈱海昇、川栄産業、川崎丸魚㈱、神戸大水、 ㈱さくらや、㈱大一、第一水産、大京魚類㈱、大東魚類㈱、 名古屋海産市場㈱、中口製氷冷蔵㈱、㈱日本アクセス、 ㈱野田彦、浜松魚類、ピピっとあいち、姫路魚類㈱、 ㈱マルイチ産商、㈱マルコ、㈱マルヤス、㈱山太、 名北魚市場、横浜丸魚㈱、㈱ヨンキュウ (五十音順) 0569-63-1311 所在地 〒470-3503 愛知県知多郡南知多町大字師崎字林崎154 設立 2020年(令和2年)12月25日 事業内容 冷凍・冷蔵卸加工 取引金融機関 愛知信漁連、知多信用金庫、中京銀行、ゆうちょ銀行 (五十音順) 取引先 愛知県漁連、㈱一笑、㈱うおいち、魚太郎㈱、沖物産、 おわせ川栄、㈱海昇、川栄産業、川崎丸魚㈱、神戸大水、 ㈱さくらや、㈱大一、第一水産、大京魚類㈱、大東魚類㈱、 名古屋海産市場㈱、中口製氷冷蔵㈱、㈱日本アクセス、 ㈱野田彦、浜松魚類、ピピっとあいち、姫路魚類㈱、 ㈱マルイチ産商、㈱マルコ、㈱マルヤス、㈱山太、 名北魚市場、横浜丸魚㈱、㈱ヨンキュウ (五十音順) 0569-63-2736 所在地 〒470-3503 愛知県知多郡南知多町大字師崎字林崎65-1 設立 2020年(令和2年)12月25日 事業内容 小売業 取引金融機関 愛知信漁連、知多信用金庫、中京銀行、ゆうちょ銀行 (五十音順) 取引先 愛知県漁連、㈱一笑、㈱うおいち、魚太郎㈱、沖物産、 おわせ川栄、㈱海昇、川栄産業、川崎丸魚㈱、神戸大水、 ㈱さくらや、㈱大一、第一水産、大京魚類㈱、大東魚類㈱、 名古屋海産市場㈱、中口製氷冷蔵㈱、㈱日本アクセス、 ㈱野田彦、浜松魚類、ピピっとあいち、姫路魚類㈱、 ㈱マルイチ産商、㈱マルコ、㈱マルヤス、㈱山太、 名北魚市場、横浜丸魚㈱、㈱ヨンキュウ (五十音順). 開催時間:午前8時〜正午まで(水曜日は定休. 味付けも濃すぎず、フワッとした触感がたまりません 知多半島で「しらす」を取り扱っている問屋さんを探しています
「美味しい海の恵みをより美味しくみなさまの食卓へ」 マル伊商店は三方を海に囲まれた知多半島最先端のまち師崎に拠点を構え三河湾、伊勢湾、太平洋の美味しい海の恵みの恩恵を受け、ここまで成長してきました つながる
家に帰って食べてみると、師崎のお店やネットで買ったものと明らかに違う味で残念なものでした マル伊商店さんは年中無休だそうですので、 師崎の方に行かれる方は1度お店に寄ってみてはいかがでしょうか
この師崎で、古くから干物やチリメンジャコ、つくだ煮の製造直売を営んでいるのが「マル伊商店」です とはいえ、1998年の開発当時は、まったくの素人同然
「美味い!!!!!」 しらすも海老も美味しい!! しらすを2パックと海老を1パック購入することにしました 老舗のたゆまぬ努力で結実した 国からお墨付きの生炊きしらす 設立は明治41年にもさかのぼる水産物加工品の老舗
こだわりの「生炊き」をつくるためには、近くの漁港の魚市場でれたらすぐに工場に運び入れて、その日のうちに加工しなければならず、作業は時間との勝負なのだそうです 今までにも何度か通ったことのある道沿いにあったのですが、その存在を知るのは今回が初めてでした
この審査会では農林水産大臣賞の他にも水産庁長官賞、大日本水産会会長賞、東京都知事賞など様々な賞がありますが、農林水産大臣賞は最高位に位置付けられています 4年前の2006年からは毎年、魚食普及活動の一環として内の小学校の子供たちを受け入れて「干物づくり体験」も行っています
マル伊商店 愛知県南知多町師崎 漁師町の干物・ちりめんじゃこ専門店マル伊商店南知多師崎・特選名産品 ちりめん・干物 旬の美味しさ、そのままお届けします 海や川などの生き物やそこでの暮らしに惹かれ、東海地方を中心に漁業、魚食、海や川、ため池の伝統文化、職人仕事、ウナギなどを取材しています
37
今後も認定を受けた商品を中心に国の支援を受けながら地元の産業資源を活かした事業の拡大を行っていきます 商品は同店ホームページからも購入することができます
シラスのうま味に同店独自のタレを加えて煮炊きし、よりおいしく仕上げたご飯にぴったりな一品です 愛知県名古屋市在住のフリーライター
「工場はとれた魚の都合で動いているんです」と笑顔で話す坂下さん あと鮮度や味が少しでも落ちないように、保管時にペットボトルの凍ったものを入れるなど色々な工夫もされているようです
こちらもとにかくご飯が進みます 店や工場は正月の3日間をのぞいて年中無休
加工品としては佃煮の評価も高く、「新鮮なシラスを使っていますから、ショウガやサンショウといった臭みを消すものや添加物を使う必要がないんですよ」と代表の坂下さんも自信をのぞかせる チリメンジャコや干物、つくだ煮など、たくさんの加工品が並ぶ直で、「自分たちが作ったおいしい商品を、自信をもってお客に勧めています」とにこやかに話す坂下さん
14