リレー アタック 対策。 リレーアタック防止に有効なトヨタ&レクサス向け対策キットがビートソニックより発売

車を盗むステップは2つあり、ドアのロックを開錠して車内に侵入しエンジンを始動させます。

自宅にスマートキーを置いているときも電波遮断キーケースに入れておけば安心です。

リレーアタックとは、常に微弱な電波を発しているスマートキーの特性を悪用し、犯行グループの1人が特殊な機器でスマートキーからの電波を増幅し中継。

底の深い金属缶であれば、蓋を閉めないという状態であってもスマートキーの電波を遮断する力に優れているので、リレーアタックへの対策法として、家の中ではスマートキーは底の深い金属缶で保管するという防止策をお薦め致します。

これはキーを収納するケース式です。

車を降りて離れる時に、周囲に怪しい人がいないか確認しておくと鍵の電波を受信する心配が減ります。

次に2歩離れてみるとどうだろう。

85
次に検証してみたのはアルミ缶です リレーアタックの方法(ショッピングモールなどの駐車場)• ところが、スマートキーから電波が 発信されなければこの悪知恵は使えませんから、 やはり根本的な対策が重要というわけです
「アルミホイル」にはスマートキーの電波の遮断力を検証 台所近くの引き出しに常備されているご家庭が多いと思われるアルミホイルに、スマートキーの電波を遮断する効果があるかどうかを試してみます ただし、やっぱりハンドルロック同様にその都度取り付けしなければならない点と、それなりに費用が発生する点がデメリットですね
2~3をそれぞれのグッズで繰り返し測定 受信した電波を増幅し仲間に送信 受信した電波を増幅させクルマの傍にいる仲間に送信
従来は、エンジンキーの複雑な凹凸の組み合わせで正しい鍵かどうか判断していたのですが、キーにトランスポンダと呼ばれる固有の電波発信器を埋め込むことで、自動車側の受信器がその信号を受け、IDが一致したときにだけエンジンを始動させるというしくみを付加したのです ただ、当然のことながらセキュリティユニットの設置はそれなりに費用がかかります
窃盗団は自分の車の様にカギを開けてエンジンを始動し、自分で運転して車を持ち出します 車種やメーカーによって解説内容と異なる場合があります
聞いた話によると、朝に車がない事に気付いて警察へ通報して事情聴取を行っている間にも、どんどん離れた場所へ 行ってしまい、ほとんどの場合は見つかりません 本体の取り付けはステアリングコラム内で完結する
鍵から出ている電波は、遮蔽物が多いほどに弱まります リレーアタック防止装置を設置する 車の盗難防止対策を専門に行っている業者などでは、リレーアタックを防止するための装置の販売・取り付けなどをしています
80