不正 出血 ストレス。 【産婦人科医に聞いてみた】もしかしたら病気のサインかも…「不正出血」で考えられる5つの病気って?(with online)

規則正しい生活は自律神経の働きを整え、不正出血の原因となるホルモンバランスの乱れを防ぐ効果もあります。

もちろん、心斎橋駅前婦人科クリニックでもご対応は可能です。

例え今回、何らかのホルモン治療をしてもらっても、ストレスが 原因だったら、またいつでも不正出血になる可能性がありますよね? そもそも、子供を授かるつもりのない女性が不正出血で診察を受ける意味ってありますか?(もちろん、子宮ガンなどの病気があるかどうかは確かめるという意味はあると思うのですが・・・) 専門家の方や、不正出血で診察を受けた経験のある方などのお話を聞きたいです。

低用量ピルを服用中の方が不正出血を起こすのは、決して珍しいことではありません。

女性はエストロゲンとプロゲステロンの二種類の女性ホルモンが多く分泌されているのですが、その分泌量が減少してしまったり、分泌バランスが崩れてしまったりすることで不正出血が起こるのです。

70
思春期や更年期にも起こりがち また、 思春期や更年期など、ホルモンバランスに変化が見られる時期に不正出血が起こることもあります。 ただ、お腹の痛みが伴ったり吐き気や発熱があったりする場合は、流産の危険性が考えられます。 それから、クラミジア感染症はクラミジアという細菌に感染して起こる性感染症です。 おりものの増加、おりものに血や膿が混ざっている、悪臭を伴うおりもの等の症状が現れます。 また、ストレスを感じると交感神経と副交感神経の働きが過剰になるのですが、 交感神経は胃腸の働きを鈍らせるため便秘や腹痛を引き起こすことがあります。 また、子宮体がんは50代以上に多いがんで、初期症状で不正出血がある人は全体の9割を占めます。
74