ネアンデルタール 人 の 遺伝子。 10月11日:ネアンデルタール人に赤毛はいない(10月5日号The American Journal of Human Genetics掲載論文)

49

ネアンデルタール人は、主にを中心 に、その他の巨大動物(megafauna) 、植物 、小型哺乳類、鳥類、水生・海洋資源など、多種多様な食料を利用していた。

論文は、2016年1月に、に発表されたもので、現生人類に残された、ネアンデルタール人やデニソワ人由来の免疫にかかわる遺伝子に関する研究だった。

左右対称になるよう加工されたハンドアックス(握)や、のの先にでさせ穂先とし、狩りに使用したと考えられている石器などが発見されている。

それは、背の高さや、肌の色など一般的な人間の特徴と遺伝子を相関させる目的でこれまでデータが蓄積されてきたゲノムコホート研究データを、これまで一般的性質と相関がわかっている多型の中に、ネアンデルタールゲノム由来のものがないかという視点で見直し、私たちの持っているネアンデルタール人ゲノムの断片の表現を調べる手法だ。

現代の狩猟採集民から知ることができる形態に近いと思われる」と、ポンセ・デ・レオン氏はAFPの取材に応じた電子メールで述べている。

なお、これらの芸術はのみが見つかっており、動物や人など実際の対象を描くについては、まだ明確な証拠はない。

件の獣骨は、イギリスの動物考古学者 ()による1974年の発掘調査で出土したもので 、1983年に分析・発表された。

フランスも、イギリスも、新型コロナで再び「都市封鎖」を始めたようだ。

洞窟からはネアンデルタール人の人骨だけでなく、の骨が多く見つかっている。