ヘブンズ ドアー 能力。 第4部キャラ館

吉良吉影が15年前に殺害した杉本鈴美と家族付き合いがあり、杉本鈴美は幼い岸辺露伴を吉良吉影から救った命の恩人でもあります。
自分のため、世の中のためになるスタンドの使い方を考える上で、必要な予備知識だと考えてください 迷宮に迷い込んだような錯覚に… 棗さん 皇さん sibataさん エニグマが扱ったいろんなモチーフを原色鉛筆塗りでガシガシ!立体感あり! 忍者のようにエニグマで隠れる 「タネも仕掛けもございます」マジシャン宮本! 棗さん 黒猫さん 個性的なタッチ&造形から宮本君の存在を強く感じます 宮本君のクレイジーな世界が爆裂っすよ ゆんさん もなこさん ジョディ・ジョースターさん 「俺これに何入れてたっけ…」
しかし、作品を読んでいくと思わぬ弱点も発見! 相手によっては書き込んだ命令を無理やり書き換えられてしまったり、正気を失っている相手には効かなかったり、そもそもパワーは弱かったりetc... この発想はなかった! ringoさん メタさん くろさん センス抜群のスタイリッシュな露伴絵
ヘブンズ・ドアーの活かし方 ヘブンズ・ドアーの能力で、深層心理を読めば、相手の心の傷や弱さを知ることができます 霊界の手の表現が、真に迫ってド迫力 大きな吉良邸の前にて
ということは、あの中に仗助が…(爆) 下水管に潜むラット 外見 タマゴのカラに見える何かはヘアバンドである
能力をかけられた相手はヘブンズ・ドアーに本化によって物理的に逆らう事も、記述を読まれるため嘘をつくこともできず、命令を書き込めば相手の行動を完全に支配下に置ける 露伴はこの自分に対して攻撃できなくすることを「 セーフティロック」呼んでいる
22
使い方次第ではとんでもない凶悪なスタンドになるが、本体があくまでも漫画の題材のために文無しになろうが構わないいい意味で変態だからなぁ。 終盤でを攻撃した際はのような拳ラッシュを見舞っているが、不発に終わっている。 『』シリーズ - ジョジョの奇妙な冒険シリーズのスピンオフ作品として、露伴を主人公(語り手)とした物語(詳しくは該当記事参照)。 過去 本人は忘れてしまっていたが、4歳のときにによる初めての殺人事件に巻き込まれている。 彼を写真に撮れたものの、逆光で結局人相は不明」 初雪の朝、川から朝食を釣り上げる豊大。 そこにはその人が記憶している人生の体験が詳細に記録されていて、それを読むことで相手の記憶や情報を得ることができます。 確かにスタンド自体は攻撃力がほとんどなく、近距離タイプのスタンドと殴り合いといった戦いは不向きなスタンドです。 名前のモチーフは文豪の から。 基本的には、身体のどこかの部位が薄く剥がれるような形で「本」のページになる。