明智 光秀 家紋。 明智光秀の妻や子孫、城や家紋、そしてその最後について解説をしていきます

家紋は知ると面白い! 桔梗の紋を背負ったからなのか、それとも偶然なのか、桔梗紋を使用していた偉人たちには確かに悲劇の最期を迎えた人が少なくないようです。

加藤清正 加藤清正は安土桃山から江戸時代初期の武将です。

光秀が天海だとしますと、115歳か116歳まで生きたということになりますね。

3人目は武田信玄の家臣山県昌景です。

1については織田家の家紋である「木瓜紋(モッコウモン)」です。

彼は僧侶ですが、当時は「神仏習合」と言って、神社もお寺も合同で祀られていましたので神社の運営なども可能でした。

光秀は織田家の重臣でしたが、本能寺で主君・ 織田信長を襲撃します。

17 78
戦国時代のそんな出来事のひとつに 本能寺の変 があります。 鮮やかな青色をしている。 家紋にはいったい、 どのような意味が隠されているのでしょうか。 因みに、織田信長の子孫は現代になっても、桔梗の花を飾ることは避けているとのことです。 皆さんもぜひ一度、ご自身の家紋やルーツを探ってみませんか。 武士が名を残す自己顕示のため、旗幕などに使用したことから、広まりました。 「丸に橘」の紋。 実は、桔梗紋は非常に古くからある紋なので、多くの家で使われていました。 加藤清正(かとう きよまさ)の桔梗紋 加藤清正は、豊臣秀吉子飼いの武将であり、数々の合戦で武功を挙げた人物です。