プライム シューター 擬似 2 確。 プライムシューターベッチューの擬似2確ギアでやってはいけないギアの積み方

プライムシューターベッチューを例を挙げて説明します。

ガチエリア エリアはステージによっては ナイスダマだけでエリアのカウントを止めることができます。

21
ナイスダマは投げるまで時間がかかるのでタイミングは見極めましょう。 1 足元塗りがあまり得意でないので採用。 ステルスジャンプやラストスパートなどの固有ギアを積みたいなら自由枠1. 時間とダメージの関係が正比例であると仮定すると、0. つまり、1ダメージを回復するには約0. そして最近の悩みは、 異常なまでに. ここまでは相手が「相手インク影響軽減」のギアパワーを付けていない前提でのお話でした。 防衛もキル速と射程でかなり守りやすいです。 01秒必要ということになります。 3 メインク効率の悪いプライムにはなるべく積みたい。 ですから、1F(フレーム)は60分の1秒であり、これが最小単位というわけです。 2発で99. 射程は0. 4です。 シューター GP0 30ダメージ 疑似〇確 シャープマーカー 28 1. 疑似〇確が発動するためには相手がダメージを受けていることが前提であり、そのダメージは相手のインクを踏む以外にも確定数未満のメインウェポンでのダメージを受けていたり、スペシャルウェポンやサブウェポンの爆風ダメージを受けた後、全回復に至っていない場合に発動しますが、前線での交戦時においては当然ながらスリップダメージの比率は高くなります。 96ガロン系 プライムシューター系 ボトルガイザー系 与ダメージアップ プロモデラー系 わかばシューター系 塗り性能アップ N-ZAP85系 塗り性能アップ& 地上射撃ブレ軽減 スプラシューター系. 射程を活かして立ち回ることが多いため最低ダメージが25ダメージになるのはそれなりに恩恵があります。
11
8ダメージ」に感覚的な違いは感じませんので、ボクはプライムを使う時は「49. どうもこんにちは!ガチマッチのキョウカショを作っているヘンシュウチョウ だ 最近ヘンシュウチョウはよくプライムシューターベッチューを使っており、そのギア構成はもちろんメイン性能アップガン積みの「 擬似2確ギア」だ この擬似2確ギアはメイン性能アップによるメインウェポンの攻撃力アップ効果を利用して、ダメージを限りなく100に近づける、というものだ 具体的にはプライムシューターベッチューの場合、メインギアパワー3個とサブギアパワー3個を採用することで、メインを2発当てたときの威力が99. カンモンはヤグラにナイスダマ、 攻めは防衛ポイントにナイスダマでなんとかなります。 そもそも疑似確ってなに? 疑似確とはメイン性能アップギアを積むことで1発の威力を上げて、敵が少しでもダメージを受けているときに通常より1発少ない確定数で倒せるようにすることです。 これはつまりメイン性能最大積みプライムは自由枠0. そして今考えている新環境に対応する為のギアがこれ コンセプトとしては 攻撃を捨てて機動力と防御力をUPさせた型 ジェッパ、トーピード、若葉のボム、クイックボマーに耐える為の対爆風軽減1 プライムは竹、同じ擬似2確プライムともかなりマッチングするのでメタとしての 安全靴1. ガチマッチで担いでいる動画も多数あるのでよかったらチャンネル登録お願いします。 押し込みは慌てて突っ込んでくる敵を置き撃ちで処理していくと楽なのでおすすめです。 打開時にナイスダマを溜められるかどうかで勝敗を左右するタイミングはよくあります。 3ダメージ程度入るので 少しでもインクを踏んでいる相手なら2発で倒すことができます。