除湿 器 コンプレッサー。 【徹底比較】コンプレッサー式除湿機のおすすめ人気ランキング8選

シャープ「CV-NH140」 プラズマクラスターで消臭もできるハイブリッド式 シャープの除湿機にもハイブリッド式が登場。

ここでは、コンプレッサー式かデジカント式か選べない時におすすめのハイブリッド式除湿機についてご紹介します。

お目当ての製品がお部屋の広さに合っているかどうか、購入前には必ずチェックしましょう。

【長所】 ・低温時での除湿力が大きいので冬場でも使うことができる。

46dB• 1日1人分の洗濯物量(約1. 25840円 税込• 除湿機のコンプレッサー式とは? デジカント式と何が違う? コンプレッサー式は、部屋の湿った空気を取り込み、湿気を冷やすことで水滴に変えて除湿する方式です。

・最安価格 税込 は在庫あり・注文可能商品における最安価格です。• プラズマクラスター搭載• 除湿器の選び方! 留意したいポイントは? ここでは除湿方式の種類をご説明の上、除湿器を選ぶ際に気をつけたいポイントを解説。

47

洗濯物の真下に除湿器を置けば、重力によって衣類の下に溜まりやすい水分も効率的に蒸発させることが可能です。

また、排水タンクも1か月に1度程度のメンテナンスが推奨されていることが多いため、排水タンクの洗いやすさもチェック。

吸着した水分は、ヒーターであたためられ熱交換器内を通り、冷やされて水滴に戻りタンクにたまります。

比較検証は以下の3点について行いました。

2つの機能が融合されているため、どうしてもかさ張ったつくりになってしまう点がデメリットといえます。

さらには、電気代の安さというメリットも。

そのため、暖かい空気を冷やすと水蒸気が気体の状態でいられなくなり、液体へと姿を変えるのです。

Q運転音はうるさいですか? A運転モードによります。

1時間あたり約5円• 商品リンク• 半面、気温が低い冬場はあまり効果が期待できないことも。

53
商品リンク• その大きな特徴は、優れた除湿力。 ・購入金額が100円 税込 に満たないお買い物はポイント対象外となります。• 51db• 木造か、鉄骨か、ご自宅の建材によっても除湿能力に差が生じるので、建材についてもあらかじめ確かめておくことをおすすめします。 衣類を乾燥させる場合には、2段階の風量モードがあるので、適切なモードに設定して洗濯物を乾かすことができます。 スタンダードタイプ• 1時間あたり約8円• 電気代• 13800円 税込• 5Lの大容量な排水タンクを装備。 ご自身にとって除湿器が一番必要となる理由は何かを考えながら、それを満たすものを選ぶのが大切です。 オートルーバー機能・自動モード• 31800円 税込• なお、ヒーターを併用して衣類乾燥する「標準」モードと「厚物」モードは、除湿機周囲の湿度と温度をセンサーで確認し、洗濯物が乾いたタイミングで自動で運転が停止するのでムダな電気代がかかる心配もありません。 免責について(注意事項)• この商品は除湿機能と空気清浄機能の2つの機能を兼ね備えた空気清浄機能付き除湿機になっています。 商品名• ヒーターを使用して除湿するデシカント式に比べて 消費電力が小さく、電気代を抑える ことが可能です。