エンブレム テイク 2。 代紋 エンブレム Take2【最終回】

50歳。

暴動鎮圧後は丈二らに遅れて釈放され、末端組員として海江田組から虐げられる日々を送っていたが、江原の破門後に復権し、四代目海江田組の舎弟頭となった。

加藤五月 通産大臣 丈二が千葉から新宿に戻る時に二代目千葉連合会長に就任したが、江原や反対派の工作にあい、体調の悪化もあり会長を辞任し引退した
外見は強面で腕も度胸もあるが根は純情で、好きな一面もある 旧三代目若頭時代は、江原の気性の激しさや覚醒剤取引などに強い懸念を抱いていた
57歳 山崎組長が殺害された後、海江田組を割って独立するが、「前の人生」では氏家に、「後の人生」では江原に追い詰められる
丈二と江原の最終決戦でも登場したが、カルロスの仕掛けた爆弾で吹き飛ばされたと思われる 林田与一(はやしだ よいち) 菊水会若頭
その後は江原と共に行動を共にするも銃撃されて以降の消息は不明だったが最終話で丈二を銃撃し、自身はその場にいた佐山に撃たれる 渡辺美智夫 民自党幹事長
江原は海外の軍人を雇い、丈二に勝つことの他に東京を壊滅させ、日本を発端にした世界恐慌を起こそうとします 大森丈博:• 成り上がり漫画らしく 体を傷つけ心も傷付きながら 生きていく様には本当に惚れます
暴動後は囚人たちとの交渉の窓口となる 遥香という恋人がいたが、丈二と江原の最終決戦で無法地帯と化した東京に巻き込まれて断腸の思いで彼女を殺害した
46
描写が派手なため、軍人たちの戦場が主役になり、極道の話が脇役的になってしまったため Take2としての魅力は消えてしまっているように思えました。 彼主演の話が展開されることもあり、その分量は最大で単行本一冊分に及び、丈二が全く登場しないこともある。 作中では主に主人公の丈二とライバルの江原によって、物語の世界を操作する神の存在が語られている。 六代目総長になることを目論み、田上連合の幹部に対して様々な政治工作を行っている。 通訳担当で、と、、を話せる。 浜田正人(はまだ まさと) 二代目海江田組組員で、佐山の舎弟。 「ピストル王」の異名を取る凄腕の殺し屋で台湾政府要人を始めとする数々の暗殺に関わっているとされ、敵対する相手は残忍な手口で追い詰めてゆくことから丈二からは恐れられていた。 元はの梅鉢一家の一員で、の締め付けにより組が解散させられた復讐のため県警本部に乗りこみ、殺人未遂等の罪状で府中刑務所に収監された。 以来丈二を明石組の直若に取り立てようとするなど、何かと気にかけていた。 山崎忠義:• 近田・土橋共々、丈二より一歳上という。
14
丈二の所属する海江田組の他、中山が率いていた中山組や清水が所属している島原組といった下部組織を抱えている 四代目 [ ] 志村勝男(しむら かつお) 大西組若頭、後に旧三代目海江田組若頭・二代目大西組組長
最後は驚きの展開が 待っていますよ! マジかよ! って思いますから是非とも 最後まで読んでください! 作者の渡辺潤氏の作品で 三億円事件を題材にした 作品が最近まで連載していました 石原信太郎 防衛庁長官
森良朗 厚生大臣 相手には話が通っているため すぐ帰ってきてくれればいいと 言われ渋々向かった
SFマニアでガンマニアって、完全に「代紋 TAKE 2」の元になっているよねw つまり 原作者の父親からの影響で「代紋 TAKE 2」は生まれたといっても過言ではない! さらに 調べてくうちに面白い関係性も見えてきました 政岡が愚連隊だった頃からの舎弟
階級は一等 台湾マフィア [ ] 王傑臣(ワン ジィエチェン) 新宿を根城にする台湾マフィア「四龍幇」の幹部
有田隆二(ありた りゅうじ) 四代目海江田組組員 田上連合と明石組の承認の下、両者の手の届かないで白浜組八代目を襲名する
出所後、渕上らに見守られながら71歳で天寿を全うした 終盤では多香子という娘ほど年齢が離れた少女に惚れてしまい、一時期阿久津組と距離を置くも彼女に別れを切り出して戦線に復帰した
それ以来何かと丈二に目をかけるようになるが、江原が海江田組三代目を襲名した際に海江田を引退させられ、その後、木更津で白浜組を継いだ丈二の下に転がりこみ、八代目白浜組、後に阿久津組の舎弟頭となった 関東の博徒といがみ合うことが多い
お調子者かつ粗暴な性格のトラブルメイカー 神戸明石組 [ ] を本拠地とする日本最大の暴力団
最終的に他の傭兵達は全員死亡したため、唯一の生存者となった 黄銀海(ホアン インハイ) 台湾マフィアでも最大勢力を誇る「虎林幇」幹部
55