冷 感 マスク ワークマン。 ユニクロ、ワークマン…「マスクバテ」を乗り切る最強アイテムは?(松本 英恵)

<2020年5月29日更新> 利用者視点で、夏マスクの功罪をまとめました。

使い方が広がるフェイスマスクだ。

素材・縫製ともに日本製な点も高ポイントだ。

NY kiksNY 「クールシールド ネオ(COOL-SHIELD NEO)」ネックチューブという商品がワークマンにあるようなのですが、では現在見当たりませんでした。

吸放湿性に優れ、すばやく熱を拡散する接触冷感素材を使用し、蒸れずに使える。

マスク下部にプリントされているロゴはリフレクター仕様で、早朝・深夜のランニング時も安心だ。