ケネディ 暗殺 映像。 ケネディ暗殺と宇宙中継(そして奇跡の日本語ナレーション)

(公式発表された結果) ・オズワルドが教科書倉庫ビルから何発か発射したが、それと同時に前方からも何者かが発砲し、それがケネディの頭に命中した。

だから、なおさら体を支える力が消え、そのまま後ろに倒れた」。

やはり アメリカで権力を持つ何者かが関係していると考えるのが自然です。

(ただしこれは、この事件の報告書としてアメリカ政府が公式採用した「ウォーレン委員会」の報告書に基(もと)づく報告であって、FBIの調査結果はまた違っている。

このFBIの調査結果は「ウォーレン委員会」に提出されている。

) 後述となるがこの後、弾丸の詳細に関しては後々議論を呼ぶこととなり、この事件の謎の一つとなっている。

第一回:午前5時27分42秒~同48分(20分間) 第二回:午前8時58分~9時15分(17分間) 11月26日(火)、二日目(第3回と第4回)の実験放送が行われた。

その内容は、そばに座っていたABC国際部門のスタッフがメモに書いてよこしたものである。

突然のことできちんとした原稿をつくる時間はほとんどなかった。

26
ケネディもモンローの死後、3か月後に凶弾に倒れる ちょうどその時、1961年(昭和36)、ケネディ・アメリカ大統領が、電波を〈送受〉信できる「通信衛星」を打ち上げることによって、ヨーロッパとアメリカを電話や映像で結ぶ計画を発表した
事件の裏に潜む巨大な陰謀を感じざるをえないが……) ケネディ暗殺に対する米政府の対応 当初、 ジョンソン新大統領はFBI長官エドガー・フーバーからの「オズワルドの単独犯行」の報告を受けた上でこの事件を処理するつもりだったと言われています そして、当然さまざまな陰謀論も囁かれることになります
国をあげての目標は明確であった 確かにケネディが死んで一番得をしたのがジョンソンであるし、ジョンソンならばウォーレン報告書の操作も可能であったが、国家規模の欺(あざむ)きを実行するなら、CIAなどの協力が必要となってくる
ただし、この時の記事はこれのみで、本格的な報道は<夕刊>からとなっている その更に後ろに報道関係者や政府関係者の乗った車が続く
放送内容は当時のアメリカ大統領ケネディの演説の予定だった CIAからも反発を買っていた