リアル アカウント 打ち切り。 今週のジャンプ、クロスアカウントが打ち切り有力候補となる : ジャンプ速報

「嘘情報島」での島の捜索では、シャイなクイズ王のコータと組む。

アニメ:• 元はシステムエンジニアだったが、何らかの理由でネットのない世界の創造とネット民を滅亡する目的があり、過去にCAP技術を導入しようと柏木夫妻に掛け合うもののそれを拒否され、マーブルをけしかけてアタルを交通事故に遭遇させた。

それを見たコータは「ステージ3」のユウマが会長マーブルという説が取り沙汰される。

三角 マルキ(みかど マルキ) 第2部からの登場。

この時は箱による洗脳めいた手口も相まって、ほとんど発狂したような状態になっていた。

自殺サイト管理時代から「何人もの死を間近で見てきた」ため、傷の危険性や死因の判別等が得意。

76
』『思春期のアイアンメイデン』『リアルアカウント』など。 また、自分を黒と推理したミズキを責めず、むしろ自分が癖に気づくのが遅すぎた・誤解を解くために動けなかったことを悔いていた。 生まれの女子大生。 百合要素、BL要素もあるが、普通に面白い。 「リアルフォロワー決戦」で真・マーブルの攻撃により致命傷を負い、マルキを先に行かせた後に息絶えた。 「匿名教室」ではユウマを敵視する姿勢を崩していなかったが、同一人物ではあるものの以前のユウマの意識と「ステージ3」のユウマの意識がまったくの別物であったことやユウマ自身が会長マーブルではないことが証明されたことで若干敵意がやわらいでいる。 そして、あやめ・ミズキ・パルくんからヒントを得て、学級会で同票の場合、冤罪死は回避されるというルールを活用し、自分自身に票に入れることで会長マーブルをあぶりだすという作戦に出る。 ユウマの活躍によりプレイヤー達は「ハカセマーブルに遭遇したら即死亡」という暗黙のルールが確立。 アイジの些細な発言に気づいたユウマにより、釣りであることを悟るが、時すでに遅し、イスケとヤスハルが死亡。 「IDゲッター倶楽部」ではミズキのチームメイトとなるが、ユイからはミズキともども変な人と思われてしまう。
52