こちら が 深淵 を のぞく 時 深淵 も また こちら を のぞい て いる の だ。 こちらが深淵を覗いている時、深淵もまたこちらを覗いていたらどうする...

怪物と戦う者は、戦いながら自ら怪物にならぬよう用心したほうがいい。 71
この世のものではないと気がついた時にはもう遅い、完全に相手の視線は私を 凝視しているなと感じました 似たような言葉で『俺はお前が俺を見たのを見たぞ』というのもある 関連イラスト pixivision• (プラトン哲学が西洋哲学の中に形を変えて生き残っているということを主張しました
どちらにせよ「深淵」は abyss と言います しかし、集団・党派・民族・時代にあっては、通例である
・秘された奥義を極めようとしたとき、奥義はそれを伝授すべき者を選ぶ ある日、撮影者が自販機で飲み物を買おうとしたら、コイン投入口に硬貨が入らない. 例えば、洗練された動作をしよう、と注意を払っているとき、あなたの意識は動作についての表象(善いとおもった他人の動作や、物語で読んだ何かの仕草など)を自分の無意識の中に取り込み、すると改良された動作が自然と出てくるという形で、新しい表象として提示されて戻ってくるというということです
比喩表現ですから、前後の文脈を見ないと正確なところはわかりません 更新された記事• 長く必死に戦っていると、自分自身が同じ怪物になっているかもしれない
が自分の無意識の中に取り込まれ、何かしらの魅惑的な誘いとなってあなたに返ってくるということです ニーチェですね
-- 名無しさん 2020-05-26 10:44:45• 参照: けっこう、偉い学者さんだったみたいですよ 彼が、キリスト教が勝利する以前のヨーロッパ、特に古代ギリシャにさかのぼって研究し、哲学を再構築した人物である点も理解できます
平安時代にミヤモト・マサシが詠んだ名句だ 彼の書いた著書の代表作には「善悪の彼岸」「ツァラトゥストラはこう言った」「道徳の系譜」などがあります
57