ガン ブルー 液。 【バーチウッド製品入手困難】今までと違うガンブルー液を試してみた

そして、その為の作業工程のことをブルーイングと言うようになったのです つまり、 他社製のガンブルー液を使った経験があるかどうかで本商品への評価が分かれているみたいなんですね
最後に、ご参考まで、今回のレシピ載せておきます まず、先ほど申し上げた赤錆に関しては、 で染めてに漬け込んだ場合は数か月経ってもその兆候が見られません
しばらく煮た後、火からおろしたときの様子 S シャイニーブルーですが、 間違いなくオススメできる、しっかりしたガンブルー液です
そのままガンブルー液に浸けると表面に気泡が付きその部分がガンブルー液に反応しない為、先に水に浸け気泡を歯ブラシで除去、又は、水から引き上げ付いている気泡を息で吹き飛ばし除去します 黒錆はよい錆 鉄を黒くするために を購入
更に水に浸け完全に気泡が付かないことを確認しブルーイング処理に移ります しかも、エッジの部分は基本的に染まりが悪い(少し染まってもこするとすぐ落ちる)ので、仕上げたばかりなのにかなり使い古した感じに・・・
ガンブルー液以外は普通の家庭にある道具だけ 無骨さもある
お!ちゃんと染まってますね! 仕上がり では、作業後の仕上がりを見ていただきましょう 樹脂製の容器に使う分だけガンブルー液を出します
3回目 まだらな部分がなくなりました その仕上がりが青いんで、"ブルーイング "なんですね
説明には、黒染め前に素材をペーパーやすりなどで研磨するとありましたが研磨は何番くらいのものが適当ですか? 私としては出来るだけ艶のある仕上がりにしたいと考えピカピカになるほど磨いたのですが 最終的にはピカールで 、. 更に水に浸け完全に気泡が付かないことを確認しブルーイング処理に移ります この記事は今年の1月に書いているので、早いもので約8ヶ月が過ぎたようだ
以後、手の脂がつかないようにゴム手袋などを着用します 色が薄い又はムラ等がある場合は、再度 6 のブルーイングの工程から繰り返します
88 41 32