オーディオ の 足跡。 オーディオ

大体 CD プレーヤーの技術は発展途上で、 1990 年以前のものは音がイマイチ。

本社を東京都八王子市に移転• まさにSimple is Bestです。

これを聴かない訳にはいかない。

eBayで購入。

本機の導入により、それまでボリウムがわりに使っていたa10は本来のフォノイコライザーとしての役割に戻し、メインアンプのボリウムを16時あたりで固定し、Concertinoで音量のコントロール(絞り込み)をします。

世界最高峰の技術の国産メーカーには、相応しい文化思想を持っていただき、日本人として世界に誇れる企業であって貰いたいと願っている。

などの計測機器事業は1996年より子会社の ケンウッド・ティー・エム・アイ(Kenwood TMI Corp. このDAC、100万円クラスの高級機で使われ始めたES9038ProというESSテクノロジー社のフラッグシップDACチップが使われているのだ。

昔は毎日のようにレコードを持って秋葉原の電気店を回り試聴させてもらっていた。

悦に入っているのだろう。

65

とにかく30cm3WAYでないと売れなかったのだ。

特にオーディオ全盛期の70年代~80年代なんか各メーカーが採算度外視で必死でアンプを作っていたので、どれもこれも力作だった。

SX-F3がSC-E535の3分の2の大きさということを考えるとSX-F3がいかに良くできているかが分かりますね。

モダンでハイソな雰囲気の横浜駅の至近距離にありながら、此処は別世界。

オペルもアストラ500万、ヴェクトラ800万くらいに設定しておけば、高級車メーカーというステイタスを得たかも知れない。

オーディオ機器はそれぞれが固有の特性(周波数特性)を持っているのだが、それ以上に音色に影響するのが部屋の音響特性だ。

私は SP の解像力や周波数特性は二の次に考えている。

わたしは気にしてませんが、盤面中央の紙のレーベルが水濡れするのが気になる方には、その部分だけをカバーする道具もあります。

家電系の松下・東芝・日立。

常にアウフヘーベンしている。

そこに鳴り物入りで登場したのがテクニクスブランドのレコードプレーヤー、SL-1200GAEである。

P610というのは1700円くらいの安いユニットだったが名器といわれた SPユニットで今でもファンはいる(オークションだと1万円近くする)。

アーカイブ• まさに価格崩壊である。

我々が思っている以上に60年代のオーディオは多様であったようです。

3ウェイ5スピーカーとユニットが多いのは当時の 傾向。

ホロヴィッツの深い精神性についてとうとうと述べることができる。

音はヤマハより中高域が荒くてドライ。