バルミューダ 空気 清浄 機。 「BALMUDA The Pure」を購入したら、帰宅時に感じていた“家のニオイ”が一切なくなりました

飛行機のエンジンみたい・・・と思ったら 航空機のジェットエンジンなどに使われるテクノロジーを 流体力学に基づき再設計しているのだそう 外せるパーツは水洗いも可能。
1年中活躍間違いなし。 これら 「ターボファン」「グリーンファン」の強力な吸い込み・放出によって、一般的な空気清浄機よりも迅速に空気を循環させることができます。 ある程度の脱臭性能を回復させることができます。 花粉・ウィルス、ペットやタバコの臭いなどを強力に吸引し、0. セーブエナジーモード…静かに最小限の空気清浄を提供するモード• キッチン付近の窓を開けると効果的ですが、それでもニオイが抜けきるまでにはかなりの時間がかかります。 バルミューダの空気清浄機をデザイン性で見るのならぜひこの製品がおすすめです。 これらが 部屋中の空気を吸引・循環させてくれるんです。 製品も翌日、日本に先駆けて韓国で発売されました。 ファンホルダーを外してファンを取り外し、水洗いします。 これらのメンテナンスをしなければ、空気清浄機の性能が落ちてしまったり壊れてしまうといった現象につながりますので、メンテナンスは欠かさないようにしましょう。 5 万6160 円(税込). 本体側面には取り外し可能なリモコンが付く。
99

バルミューダの空気清浄機の空気清浄には、バルミューダが独自開発した「ターボファン」「グリーンファン」という2つのファンが大きな役割を持っています。

そして空気清浄機内のフィルターを通して空気をクリーン化して、グリーンファンによってそのキレイな空気を部屋中に放出するシステムです。

そんな部分も、使っていて楽しいところではないでしょうか。

オートモード…コリセンサーとニオイセンサーを活用して風量を自動で調節するモード• 消費電力が控えめだから24時間フル作動させても安心です AirEngineの操作はとってもシンプルで、ボタンを押して次の4つのモードを選ぶだけ。

つまりバルミューダにとって、今回のような大々的な発表会を催し先行発売するほど、韓国は特別な市場なのです。

お手入れも下の吸気口のホコリを時々拭くくらいで、特に難解なお手入れは必要無いようになっています。

「BALMUDA The Pure」はターボファンとグリーンファンによるジェットクリーンモードはもちろんのこと、「プレフィルター」「TrueHEPAフィルター」「活性炭脱臭フィルター」という3つのフィルターを採用しています。

66