三 連 複 フォーメーション おすすめ。 3連複フォーメーションを徹底解説!おすすめの買い方から予想のコツまで大公開!

「流し」でも「2頭軸」という買い方がありますがこれ2頭が揃って馬券圏内に入らなければなりません。

その馬は今回の条件(距離・コースや馬場状態など)で実力を発揮できるのかという見極め、あるいは出走メンバーの中でどの馬がもっとも強いのかという横の比較など、予想を経て初めて馬券を購入することが可能となります。

例えば、1番から5番までの馬を3連複ボックスとフォーメーションの買い目例をご紹介します。

ヒモは4~9番人気あたり」という感じにすることが、私ブエナの場合は多いです。

4-1:最初は9頭以内のレースで挑戦 出走頭数が多いレース程、三連単の配当は高くなる傾向がありますが、まずが出走頭数が9頭以内のレースから始めましょう。

3番人気以内の残り2頭を入れれば、2着の予想はあっという間に完成します。

確認の意味も含めてご覧頂けると幸いです。

マークカードを入れて、 精算(写真の真ん中上にある丸いボタン)を押す。

先ほどワザワザ三連複フォーメーションの前に、三連複1頭軸流しについて触れた点がここで絡んできます。

しかしその5頭の甲乙はつけがたい」というとき、そのまま5頭をボックスで買っても買い目は10点です。

41 82
したがって、初心者の方は後ろに人が並ばれていない時などに購入した馬券を一度全て機械に通してみると良いかもしれません!• 的中率は「2-5-8」に対して低くなるメリットになるものの、1強ムードのレースの場合、無駄な馬券代を省けます また、「3連単で万馬券を狙いたい! 1-4-1:3連複フォーメーションの計算方法 そこで 3連複フォーメーションを簡単に計算するツールがJRAにありましたので下記に転載します
実に簡単です! そして、シートに記載したはいいものの、何円賭けているのかわからない、、、だから券売機に何円投入したら良いかわからない、、、ということもあるかと思います 馬券は当たりづらさと配当は基本的に比例するようになっています
三連単フォーメーション「1-5-8」• 結論から言うと、 当記事がおすすめするのは3連複フォーメーション『2-4-7』 3連単 軸1頭ながし/軸2頭ながしとマルチの関係 軸馬(1着に固定):5番 相手(2着・3着):3番・7番 〇軸1頭ながしで購入• これなら的中へのハードルはかなり低くなりますが、組合せ点数は軸1頭ながしの3倍となり、購入金額も増えるため注意が必要です
これが、 三連複4頭、5頭、6頭、7頭、8頭ボックス…と増えて行けば当然当る確率も上がっていきますが、競馬を長くやっている方ならすぐにお気づきになるかと思いますが、、、点数が嵩張ってきます いずれにせよ確固たる軸馬(特に1着になりそうな馬)を見つけられれば、そのレースは3連単向きといえそうです
1-3-4• が、どの馬券にもメリットやデメリットがあり、また「3連複を買いたくなるレース」「3連単向きのレース」なども存在します パソコンやスマートフォンでインターネットに接続できる環境なら、JRAホームページにある「」ページを利用するのが便利です
三連単フォーメーション「1-5-8」• 想像できますでしょうか 私が一番 おすすめする三連複の買い方は指定頭数をレースによって調整できる「フォーメーション」です
1頭目は本命馬1頭にし、2頭目には最低1頭穴馬を入れます 重賞しか買わなければ週の予算が4,000円程度で済む3連複フォーメーション『2-4-7』は、そういう意味でもおすすめの組み方と言えるのですね
だからこそ当記事では、予想力が高くない人でも一定以上の的中率を期待できる、1着2頭指名の3連複フォーメーションをおすすめするのです 多くの場合、1着に指名する2頭の内1頭は、3番人気以内の馬になっているでしょう
3-5-7• 高額配当を手にしたいなら絶対ココと言えるほど、多くの利用者が支持しています 不人気馬を入れているだけに本当に3行目だけの馬が2頭入賞してしまうと高配当馬券を惜しくも逃す結果となります
〇軸1頭ながし 軸馬:5番 相手:3番・7番・10番・14番• 例えば『1頭目=1番』『2頭目=2~3番』『3頭目=2~5番』と指定したとします (無理やりそのレースでその1000円を使う必要がない、ということは大人ですから分かっているということ前提です
34