戦国 武将 ランキング 2020。 戦国時代の大名・武将の強さ最強ランキングTOP30【2021最新版】

時代・南北朝時代の武将 女性の可能性がある武将 別途、があるため 実在しなかった可能性がある武将 創作上の武将名など データ使用条件 SNS・ブログ・動画などより、この記事への単なるリンクは自由です。

最強・武田信玄とは約12年間で5回も戦を交えたが決着がつかなかった。

41
享年 61(1545~1605 矢が刺さっても戦い続けるド根性武将です! 織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の3人の天下人に仕えた初代土佐藩藩主です そんな氏郷を高く評価していたのが織田信長と豊臣秀吉でしたが、その理由は彼の戦上手な面が大きかったとか
中国地方で2万の兵力を持つ最大勢力、陶晴賢 vs 兵力3000の弱小領主出身の毛利元就の間で起こったこの戦 最後までどうぞお付き合いくださいませ
武力 99• AI投票 29位 主君・織田信長を裏切った本能寺の変を起こした張本人が第12位にランクイン 専門家9位
堀切とは敵の侵入を防ぐために山を掘って作られた大きな溝の事 そこは味方の砦が見渡せる場所でしたが、そこで味方の2つの砦が攻められて火の手が上がる光景をただ遠くから見ているだけという信長の行動
予想通りでも予想と違っても面白いですね 中国から伝わった薬剤の調合に関する文献を読み漁って勉強した家康はサプリメントマニアでもあったんですね
中津城• 大河ドラマ、利家とまつで前田利家役を演じた唐沢寿明は、 「23位ってのが前田利家っぽくてイイですね 織田信長の右腕でありながら謀反を起こした不忠者としてのイメージが強い一方、地元・福知山では今も良い殿様として慕われている明智光秀
そのきっかけとなったのが厳島の戦い 27位:島清興(島左近) 第27位は、島左近の通称で知られる名将・島清興です
兄が戦死した事で真田家の家督を継いだ昌幸は、小豪族に過ぎない立場にありながら、織田家(羽柴家)、徳川家、北条家、上杉家という戦国屈指の大大名に囲まれた状況を巧みに渡り歩いて生き延び、徳川の大軍勢を居城・上田城で翻弄した挙句2度にわたって撃退 その際には目以外の「音」「振動」などを感じ取りながら頭の中で戦場を描き、味方を自由自在に動かしていた天才
豊臣秀吉の参謀として天下統一を支えた人物 統率力 98• 流石に50m先の的に次々と命中させていたという逸話は創作である可能性があるにせよ優れた鉄砲の使い手だったことは間違いない様子
3

」 幕府の力が衰えた室町時代の終わり頃、僅かな兵を率いて国を攻めとり、支配した国の田畑に課税する「検地」を初めて行った大名が北条早雲。

205• 専門家投票 10位• 2位 武田信玄 獲得ポイント 26500 一般部門5位。

知力 81• 謙信は当時影響力が大きかった公家に青苧の着物を着てもらうという宣伝手法を使って流行を作り出すという大仕掛け。

今回紹介した意外にも、戦国時代には、信じられないような強さを誇る豪傑がひしめき合っているので、興味を持たれた方は是非深く調べてみてはいかがでしょうか?. それが善照寺砦。

前回2019で予想が外れて投票結果がランキング順位に入らなかった武将も、べスト30に入ったらちょっと嬉しいと思います。

78