日本 経済 新聞 春秋。 日本経済新聞は、「春秋」を見る限り、政治も社会情勢も、何も解ってい

でも同じモンゴロイドの諸国と日本をくらべてみましょう。

nui-icon-text--link-as-button :hover. 共通しているのは、社説のファミリーであり批評精神が命ですが、目線を低くして、やさしい言い回しで紡ぐ短文であること。

だってすでに水面下での交渉はやっていたでしょうに。

『「春秋」うちあけ話』大島三緒:著 新書版240ページ、定価(本体880円+税)、日本経済新聞出版社刊 目次より 第1章 新聞1面コラムって何? 「小文字」のオピニオン/「説く」よりも「語る」/藤沢周平も書いていた…… 第2章 コラム書きのある一日 悩み多き4コマ/本を読んでも映画を観ても/コラムはネットに頼れない…… 第3章 コラム書きのコラム解剖 「嘆く」/「喜ぶ」/「見た」/「聞いた」/「行った」/手紙に託す…… 第4章 コラムの中の作家たち 向田邦子/池波正太郎/永井荷風/太宰治/小津安二郎/阿久悠…… 第5章 社会の中のコラム コラムは「刺さる」/冷静と情熱/理解と誤解/令和ニッポンはどこへ…… 第6章 コラム書きの文章作法 短く伝える/語彙力が勝負/紋切り型は悲し/辞書を引こう…… 日本経済新聞社について 日本経済新聞社は1876年以来、140年にわたってビジネスパーソンに価値ある情報を伝えてきました。

4月13日の「春秋」では、コロナワクチンのスタートが遅いと言って、居酒屋に例えて、「批判?」している。

その新聞ですら政府を批判せざるを得ない状況なんですよ. まさに「うちあけ話」。

そもそもワクチンの供給の見通しが甘すぎたのです。

水際対策もできず、医療崩壊を招いても有効な手を打てず、PCRの大規模検査も行わず、無症状者や軽症者の保護施設も十分に確保せず、それどころか 「会食は危険」といいつつ会食を税金をつかって進めてきたんですよ。

nui-icon--icon-paperviewer-tool-sub,. NHKや他の新聞も同じだが、各県知事の煽り言動ばかり報道して、何も解っていないのではないか? ファイザーの生産能力にも限りがあるので、日本政府は、それらを慮(おもんぱか)って、強くは催促していないのだろう。

42 8